--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.22

前田式中級脱出パワードリル vol.2 (KJ37)



やっぱり韓国語ジャーナル37 号『前田式中級脱出パワードリル』で開幕(笑)。

扱われている「文化的・社会的な話題」とは、まさしく私の最も苦手な分野。
やっぱりニュースの聞き取りは何年経っても苦手だ。

今回の「ソウル市」の話題にしても、4色ボールペン(というか、色ペン4本^^;)は
用意してみたものの、実際終わってみると、黒のペンしか使ってない。
要するに、1回で聞き取れなかったものは、2回聞いても分からない(私の場合)。

なんか、黒でしか埋められてないのを見ると、妙にお出来になるような感じですが・・・。
実際は、確信していた単語が間違っていたり、助詞の「의」を「에」と書いていたり、
「中級脱出」どころか、ばっちり中級(もしくは万年初級!?)にはまっちゃって
出られそうにもない(笑)。

前田先生の提唱する「パダスギ」「シャドーイング」「スラッシュリーディング」
「クイックレスポンス」と、一通りやってみたが、
その中でも「クイックレスポンス」は効果絶大だと感じた。

これは通訳の授業の時にも、必ずやるように!と言われながらも、
ついつい後回しになっていた勉強法。
「韓国語は韓国語のまま理解する!」なんて適当な言い訳を付けていたが、
実際には確実に単語を覚えたい時は、すごく有効な方法だと思った(と、今回の感想)。
もっと前に思っていれば、ちゃんとやっていたはずですが・・・^^;

今回の本文にあった「바뀌다(変わる)」「바꾸다(変える)」など、
きちんと日本語で確認することもなかなかしたことなかったけど、
必要だとまたまた実感。

そして「漢字語」を分かった気にならず、これまたきちんと覚えることが大事と
たった4行程度の文章から思ったことは山のようにある。

今回のお気に入りの単語↓

『양대 중심축【両大中心軸】→二大柱』

どこかで披露する機会があるだろうか!?(笑)
スポンサーサイト
2011.06.20

テンションアップ↑↑

美容院の帰り、久々に新宿の紀伊国屋に。
いや~、あまりの韓国語教材の多さにビックリ。
そして、何よりもハングル人口の多さにもビックリ。
(本当に人が多すぎて立ち読みすらできない状態^^;)

もう今まで見たことのない参考書の数々に心浮かせる中
飛び込んできたのは・・・。

09277072011.jpg

「ラジオまいにちハングル7月号」
実は、発売日すら知らず、もうこの小学校の夏休みを彷彿させるような
表紙にテンション上がりまくり。

ぱらぱらめくってみたところ、『ハンボクの着方』なぞが
イラスト入りで書かれていたりして、
今まで見たことも触れたこともないような切り口。
やっぱりこの応用編。
裏切りません(笑)。

で、もう1つ私の目にすごい速さで飛び込んできたのは・・・。


韓国語ジャーナル37
キャー、こちらも発売日でしたか・・・。

両方とも帰りの電車の中で、食い入るように見てしまった。
まずは、韓国語ジャーナル。
どのページから手をつけよう・・・。
やっぱり前田先生から攻略!?(笑)

あー、楽しみだ!!

今週末はソウルで本屋入り浸り作戦なのに、ここに来て、日本の参考書を衝動買い・・・。
あー、美しいテキストばかりが増えてゆく^^;
2011.06.14

やっぱり『音』。

最近のじゃじゃ子の持ちネタ。

「バイバイ」
「パチパチパチパチ」
「ばんざーい!」

これらの言葉が聞こえると、得意気にそれらの動作開始。
何を思ったか、「パチパチパチ」の直訳英語、
「clap, clap, clap」を仕込んでみたところ、
これまたすぐにやり出した(笑)。

ここで実感。
やっぱり言葉は『文字』ではなく『音』であるということ。

今までの自分の韓国語学習を振り返ると
どうしても「音」よりも「文字」ばかりに傾いていた。
テキストを読むにしても、音読よりも黙読。
意味が取れればそれで終わり。

なかなか思うように進まないこの勉強をもう一度見直そうと思ったとき
『音読筆写』ということばを思い出した。

「音読しながら書き写す。」

考えてみれば、韓国語を習い立ての頃、よくやった。
なぜなら、中学時代、英語の教科書も同じ方法で勉強したから・・・。
新たな言語を目の前にして、思い付く勉強法はこれしかなかった^^;

でも、結果。
あの時、覚えたテキストの文章は未だに暗唱できる位、私の心に染み渡っている。

あの感覚をもう一度蘇らせたい一心で
最近また始めた「音読筆写」。
読みながら写すことによって、黙読では感じ取ることの出来ない何かがそこにはある。
「文章の心を読み取る」とは、こういうことかとふと思ったり。

韓国語学習に、ちょっと息が上がってきた皆さん(笑)。
いらっしゃったら、これ、本当にオススメです。
大好きな言葉を響かせながら綴るこの時間。
「勉強」という概念からどーんと飛び出した格別な時間になること間違いなしです(笑)。

今宵もおんまは、夜な夜なやっております
2011.06.10

NHKラジオまいにちハングル講座応用編5月号。

いつもの語彙ノルマを無視し、ひたすら聞き続けた
「まいにちハングル講座応用編5月号」(笑)。

案外やればできるじゃんと、ここで気付く。(と、早くもここで勘違い

それにしても、為替と経済ニュース。
こうやってきちんと単語を拾っていけば
それほど難しいものではないのかも・・・。

やっぱり語学には『丁寧さ』が必要なのかもしれない。
そういえば、波田野先生が2008年のテキストで

「1つ1つの単語を丁寧に調べ、
文法事項もきちんとおさえながら、内容を理解していきましょう。」


と、今までの私には完全に抜けてた部分をしっかり指摘していらっしゃる
早く上達したいという気持ちが先走って、ついつい駆け足しちゃうこのハングルスタディー(笑)。
「丁寧」をキーワードに、ゆっくりとゆったりと(笑)。

ってわけで、5月号のまとめ。

ステップ9:【ニュース】天気予報
ステップ10:【ニュース】花見
ステップ11:【ニュース】お正月
ステップ12:【ニュース】Uターンラッシュ
ステップ13:【ニュース】英語教育1
ステップ14:【ニュース】英語教育2
ステップ15:【ニュース】為替と経済1
ステップ16:【ニュース】為替と経済2

さぁ、6月も挫折せずに走れるでしょうか・・・
2011.06.09

ステップ16:【ニュース】為替と経済2

** 単語 **

❏ 성장률[성장뉼]【成長率】:成長率
❏ 채산성 한계선[채ː산썽 한ː계선]【採算性限界線】:採算ライン
❏ 뜻[뜯]:意向、意味
❏ 선이:線が →「1,100원 선이(1,100ウォンの大台が)」
❏ 붕괴되다【崩壊-】:崩壊する、割り込む
❏ 위협 받다[받따]【脅威-】:脅威を受ける
❏ 내다보다[내ː다보다]:予測する
❏ 내비치다[내ː비치다]:ほのめかす

** 表現 **

한편 외환 시장 전물가들은 내년 중에 1,100원 선이 붕괴될 것으로 내다보고 있습니다.
一方、外国為替市場の専門家たちは、来年中に1,100ウォンの大台を割り込む(→の線が崩壊する)ものと見ています。

~선이 붕괴돠다
~の大台を割る、~の大台を割り込む(←~の線が崩壊する)

→「1,100원 선이 붕괴되다」は「1,100ウォンの大台を割る、1,100ウォンの大台を割り込む」という意味。「1,100원 선 붕괴」は「1,100ウォンの大台割れ」となる。類似表現に「~선이 무너지다(~の大台を割る←~の線が崩れる)」がある。

ex) 코스피는 이달 들어 1,900 선이 무너졌습니다.
KOSPI(韓国総合株価指数)は今月に入り1900の大台を削りました。


S경제 연구소는 내년 평균 환율을 올해보다 50원 가량 낮은 1,110원으로, L연구소는 1,090원으로 예축하고 있습니다.
S経済研究所は、去年の平均為替レートを、今年より50ウォンほど高い(←低い)1,100ウォンと、L研究所は1,090ウォンと予測しています。

환율이 1% 하락할 경우 한국의 수출 증가율은 0.05% 포인트, 경제 성장률은 0.07% 포인트 하락하게 됩니다.
為替レートが1%上がる(←下落する)場合、韓国の輸出増加率は0.05ポイント(←0.05%ポイント)、経済成長率は0.07ポイント(←0.07%ポイント)下落することになります。

금융 당국은 수출 기업들의 채산성 한계선인 1,100원 선이 위헙 받게 되면
金融当局は、輸出企業の採算ラインである1,100ウォン台割れが出た場合(←1,100ウォン台が脅威を受けることになると)、

국내 수출 기업 보호를 위해 환율 시장에 개입할 수도 있다는 뜻을 내비쳤습니다.
国内の輸出企業を保護するために為替市場に介入することもありうるとの意向をほのめかしました。

-ㄹ/을 수도 있다는 뜻을 내비쳤다
~することもありうるとの意向をほのめかした

→「ㄹ/을 수도 있다」は「~もできる」という可能の意味で訳されることが多いが、ここでは「~することもありうる」という蓋然性の意味。

ex) 협력할 수도 있다는 뜻을 내비쳤습니다.
協力することもありうるとの意向をほのめかしました。

【出処:2011.05.27 まいにちハングル講座応用編】
2011.06.09

ステップ15:【ニュース】為替と経済1

** 単語 **

❏ 외환 시장【外換市場】:外国為替市場
❏ 환율[화ː뉼]【換率】:為替レート;「환」は「為替」の意味。
❏ 환율 전쟁[화ː뉼 전ː쟁]【換率戰爭】:為替競争、為替戦争
❏ 종가[종까]【終價】:終値
❏ 매도[매ː도]【賣渡】:売り(注文)
❏ 안정세【安定勢】:落ち着き、安定
❏ 분기【分期】:四半期 →「사분기【四半期】」の省略形。韓国の会計年度は1月から始まる。
❏ 더디다:鈍い、遅い
❏ 내리다:(為替レートが)上がる(←下がる)
❏ 오르다:(為替レートが)下がる(←上がる)
❏ 치솟다:(為替レートが)急落する(←跳ね上がる)
❏ 장을 마감하다【場】:取引を終了する、大引けする(←場を締切る) →「마감하다(締切る)」
❏ 기획재정부【企劃財政部】:企画財政部;「部」は日本の「省」にあたる。
❏ 물량【物量】:物量
❏ 원-달러(won-dollar):ウォン・ドル(ドルに対するウォンの為替レート) →「달러화에 대한 원화의 환율(ドルに対するウォンの為替レート)」という表現を用いる
 
** 表現 **

오늘 외환 시장에서 원-달러 환율은 어제 정가보다 2원 60전 내린 1,149원 20전으로 장을 마감했습니다.
今日の(ソウル)外国為替市場でのウォン・ドルレートは、昨日の終値より2ウォン60銭(チョン)高の(上げた←下げた)、1,149ウォン20銭で取引を終了しました(←場を終えました)。

환율은 어제보다 오른 1,190원으로 장을 마감했습니다.
為替レートは気負うより下げ、1,190ウォンで取引を終了しました。

→「환율이 오리다」というのは、1ドルに対するウォンの金額/数字が上がる、つまり、ウォンの価値が下がるということを意味し、日本語では「為替が下がる、安くなる」になる。同様に、「환율이 내리다」は「為替が上がる、高くなる」となり、「上げ下げ」の表現が日本語は逆になるので注意が必要。

ex) 지난 금요일 종가보다 10원 내린 1,110원으로 거래를 마쳤습니다.
先週の金曜日の終値より10ウォン上げ、1,110ウォンで大引けしました(←取引を終了しました)。

ex) 환율은 어제보다 15원오른 1,357원으로 장을 마감했습니다.
為替レートは昨日より15ウォン下げ、1,357ウォンで引けました。

ex) 환율은 어제보다 15원내린 1,357원으로 장을 마감했습니다.
為替レートは昨日より15ウォン上げ、1,357ウォンで引けました。


환율은 한때 12원 이상 오른 1,163원 80전까지 치솟았다가 장 마감 무렵 달러 매도 물량이 나와 안전세를 되찾았습니다.
為替レートは、一時12ウォン以上下げ(←上げ)、1,163ウォン80銭まで急落しましたが(←跳ね上がりましたが)、大引け(←場終了)近くにドル売りが出て、落ち着きを取り戻しました。

환율은 지난 3분기 1,183월에서 최근 1,110원대까지 오르내리면서 불안한 모습을 보였습니다.
為替レートは、先の第3四半期(7~9月期)、1,183ウォンから最近1,110ウォンまで騰落(←上下)し、不安な様相を見せました。

기획재정부는 이 같은 환율 불안은 미국의 더딘 경제 회복과 미중간 환율 전쟁 때문이며
企画財政部は、このような為替レートの不安は、アメリカ経済の回復が鈍いことと(←アメリカの鈍い経済回復)、日中間の為替競争のためであり、

당분간 지속되다 점차 안정세를 되찾을 것으로 전망하고 있습니다.
(これは)等分の間続いたあと、次第に落ち着きを取り戻すものと見ています。

金融用語

❏ 売り注文 → 매도[매ː도]【賣渡】、팔자(주문【注文】) 
❏ 買い注文 → 매수【買受】、사자(주문【注文】)
❏ 場 → 장【場】 
❏ 寄り付く → 개장하다【会場-】
❏ 引ける → 폐장하다[폐ː장하다]【閉場-】、장을 마감하다【場-】、거래를 마치다[거ː래]【去來】 
❏ 終値 → 종가[종까]【終價】


【出処:2011.05.26 まいにちハングル講座応用編】
2011.06.09

ステップ14:【ニュース】英語教育2

** 単語 **

❏ 부작용[부ː자굥]【副作用】:副作用、弊害
❏ 기러기 아빠:キロギ(雁)パパ 
→海外に送った妻や子どものために一生懸命仕事して時々海外に渡っていく父親のことを指す❏ 부르다:呼ぶ、招く
❏ 안타까워하다:残念に思う、気の毒がる

** 表現 **

즉 한국 정부 교육 예산의 약 20%를 지출한다고 보도했습니다.
すなわち、韓国政府の教育予算の約20%を出している(←支出している)と報じました。

-ㄴ/는다고 보도했습니다
~していると報じました

→ニュースや新聞記事などで報じたものを引用するフレーズ。

動詞の場合
-ㄴ/는다고 보도했습니다:~していると報じました、~すると報じました
-았/었다고 보도했습니다:~したと報じました
-ㄹ/을 것이라고 보도했습니다:~するだろうと報じました


ex) 어제 설악산에 첫눈이 왔다고 보도했습니다.
昨日、ソラク【雪嶽】山に初雪が降ったと報じました。


-ㄹ/을 것이라고 전했습니다
~するだろうと報じました(←伝えました)。

→「-ㄴ/는다고 보도했습니다 (~していると報じました)」の類似表現。

ex) 조만간 이 문제를 매듭지을 것이라고 전했습니다.
早晩、この問題にけりをつけるだろうと報じました。 
*조만간【早晩間】:早晩 *매듭짓다[매듭찓따]:けりをつける、決着をつける(ㅅ変則活用:매듭지어, 매듭지으니, 매듭짓는


유학생들 가운데 가장 높은 비율을 차지하고 있습니다.
留学生の中で最も高い割合(←比率)を占めています。

전문가들은 이 같은 현상이 가족 해체를 부르는 부작용을 초래하고 있다며 안타까워하고 있습니다.
専門化たちは、このような現象が家族の解体を招く弊害(←副作用)をもたらしていると残念がっています。

부작용을 초래하고 있다
弊害をもたらしている(←副作用をもたらしている)

→弊害や問題点を指摘する際に使われるフレーズ。「부작용」は、病気以外に、比喩的に「弊害」という意味でよく用いられる。「초래하다」の変わりに「낳다(生む)」を用いて「낳고 있다(生んでいる)」ということも可能。

ex) 여러 가지 부작용을 낳고 있습니다.
さまざまな弊害を生んでいます。


【出処:2011.05.20 まいにちハングル講座応用編】
2011.06.09

ステップ13:【ニュース】英語教育1

** 単語 **

❏ 취업[취ː업]【就業】:就職、就業
❏ 사교육【私教育】:塾や家庭教師などの私的な教育
❏ 학부모[학뿌모]【學父母】:保護者(←学生の父母)
❏ 응답자[응ː답짜]【應答者】:回答者
❏ 가구【家口】:世帯
❏ 두다:(子どもなどを)持つ
❏ 나타나다:表れる →「~로/으로 나타났다(~ということが明らかになった(なる)、~がわかった(わかる)」
❏ ~당【當】:~当たり

** 表現 **

통계청이 초등학생을 전국의 학부모 3천 명을 대상으로 한 설문 조사에서
統計庁が小学生をもつ(←もった)全国の保護者3千人を対象に行ったアンケート調査で

초등학생을 둔 부모
小学生をもつ親

→「두다」は、「置く、しまう」の意味で用いられることが多いが、「(子どもを)もつ」という意味もある。また、日本語では「~をもつ親」のように現在連体形でも表現されるが、ハングルでは連体形にする場合は、過去連体形の「둔(もった)」の形で用いる。

ex) 아주 착한 따님을 두셨네요.
とてもいいお嬢さんをおもちですね(←もたれましたね)。


영어 사교육을 시키거나 시켰다는 응답자가 전체의 80% 이상이었습니다.
英語の塾に行かせたり(←私教育をさせたり)、かつて行かせたと答えたのは(←させたという回答者が)、全体の80%以上でした。

초등학생 1명에게 지출하는 사교육비는 도시 지역 1가구당 평균 생활비의 약 8%인 25만 3천원으로
小学生1人に使われる(←支払う)塾や家庭教師などにかかる費用(←私的教育費)は、都市地域の1世帯当たりで、平均生活費の約8%である25万3千ウォンで、

이 중 영어에 가장 많이 지출하는 것으로 나타났습니다.
このうち、英語に最もたくさん支払っていることが明らかになりました。

連体形 + 것으로 나타났다
~ということが明らかになった、~ということがわかった

→調査、アンケートなどの結果、「~ということがわかった(わかる)」というときなどに用いる。

ex) 조사 결과 유학생이 많은 것으로 나타났습니다.
調査の結果、留学生が多いことがわかりました。

ex) 영어는 취업에 필요하다고 생각하고 있는 것으로 나타났습니다.
英語は就職に必要だと考えていることがわかりました。

ex) 영어는 진학에 필요하다고 생각하고 있는 것으로 나타났습니다.
英語は進学に必要だと考えていることがわかりました。


【出処:2011.05.19 まいにちハングル講座応用編】
2011.06.09

ステップ12:【ニュース】Uターンラッシュ

** 単語 **

❏ 귀경[귀ː경]【歸京】:Uターン、帰京(都に帰ること)
 →「귀경 차량([귀ː경-]【歸京車輛】Uターンの車)」「귀경객(【歸京客】Uターン客」
❏ 정체【停滯】:(交通)渋滞、停滞 →「정체가 풀리지 않다(渋滞が解消されない)」
❏ 몸살을 앓다[알타]:ひどい状態だ(←極度の披露を患う)
❏ 혼잡[혼ː잡]【混雑】
❏ 이례적으로[이ː례적-]【異例的-】:異例なことに

** 表現 **

사흘밖에 안 되는 짧은 연휴 탓에
3日間にしかならない短い連休のせいで

~밖에 안 되는~
~にしかならない~

→「사흘밖에 안 되는 연휴(3日間にしかならない連休)」のように、「わずか~」という強調表現。類似表現に「불과~(わずか~)」などがある。

ex) 투표율이 절반밖에 안 되는 이유를 심각하게 받아드려야겠습니다.
投票率が半分にしかならない理由を、深刻に受け止めなければなりません。


불과~
わずか~、ほんの~

→「~밖에 안 되는~(~にしかならない~)」の類似表現。

ex) 불과 1년 전의 일인데 먼 옛날의 일인 것 같아요.
わずか1年前のことなのに、はるか昔のことのような気がします。


하루 종일 몸살을 앓았던 주요 도로는 밤늦게까지 정체가 풀리지 않을 전망입니다.
1日ひどく混雑していた(←ひどい状態だった)主要道路は、夜遅くまで渋滞が続くものと見られます(←渋滞が解消されない見込みです)。

몸살을 앓았던~
ひどい状態だった~

→本来、「몸살을 앓다」は「極度の疲労で患う」という意味で、体の調子が悪い解きに使う表現。それが道路などで比喩的に使われると、「ひどい混雑」といった意味で用いられる。ほか、景気など、さまざまな場で比喩的に用いられるが、いずれにしても「ひどい状態」という意味。

ex) 경기 악화로 극심한 몸살을 앓았던 관광 업계가 회복세를 보였습니다.
景気の悪化で業績が激しい状態に落ち込んだ(←ひどい状態だった)観光業界は、回復傾向を見せています。


서울 지하철과 시내버스를 새벽 2시까지 연장 운행하기로 했습니다.
ソウルの地下鉄と市内バスは午前2時(←未明2時)まで延長して運行することにしました。

【出処:2011.05.13 まいにちハングル講座応用編】
2011.06.09

ステップ11:【ニュース】お正月

** 単語 **

❏ 차례상【茶禮床】:茶礼用の膳;茶礼とは、祖先を祭る儀式
❏ 덕담[덕땀]【談】:正月に交わす幸運や成功を祈る言葉 →「元気でやりなさい、勉強しなさい、事業がうまくいくように」の類❏ 세배[세ː배]【歲拜】:新年のあいさつ
❏ 세뱃돈[세ː배똔]【歲拜-】:お年玉
❏ 산소【山所】:お墓;「묘(墓)」の尊敬語。墓地 →「산소에 가다(墓参りに行く)」
❏ 상묘【相墓】:墓参り
❏ 발길[발낄]:足取り、足
❏ 아랑곳없이[아랑고덥씨]:なんのその、気にせず
❏ 들뜨다:そわそわしている、気持ちが浮き立っている
❏ 손길이 분주하다【-奔走-】:手を休める暇もない →「손길(手)」「분주하다(【奔走-】忙しい)」
❏ 예를 올리다【禮]】:儀式をとり行う
❏ 신묘년【辛卯年】:辛卯三(しんぽう、かのとう)年
❏ 차려입다[차려입따]:着飾る
❏ 걸음마:よちよち歩き、あんよ
❏ 설을 보내다:正月を過ごす
❏ 구정[구ː정]【舊正】:旧正月.〈対〉신정
❏ 차례【茶禮】:陰暦の元旦や秋夕(추석)
❏ 차례를 지내다:茶礼の儀式を行う

** 表現 **

신묘년 새해가 밝았습니다.
辛卯年の新年が明けました。

신묘년 새해가 밝았습니다
辛卯年の新年が明けました

→ニュース・テレビなどで「新年が明けた」ことを告げる決まり文句。「~年の部分には干支を入れて「신묘년【辛卯年】(しんぼう年、かのとう年)」、あるいは西暦を入れて「2011년(2011年)」とする。日本では、干支のうち、「うさぎ年」などの十二支をよく使うが、韓国では十千十二支をすべて用いる。人と会ってあいさつするときには、「새해 복 많이 받으세요(明けましておめでとうございます(←深遠に福をたくさん受けてください)」という言葉を交わす

ex) 여러분 안녕하십니까? 신묘년 새해가 밝았습니다.
皆様、こんにちは。辛卯年の新年が明けました。


새해부터 차례상을 준비하는 손길이 분주합니다.
明け方から茶礼用の膳の準備をする手を休める暇もありません(←準備する手が忙しいです)。

-는 손길이 분주하다
~(するの)に手を休める暇もない/に大忙しだ

→何かを行うのに追われている状態を表す表現。直訳すると、「-는 손길이(~する手が)」「분주하다(忙しい、せわしい)」となる。なお、「분주」は「奔走」という漢字を使うが、日本語の「あちこち走り回って努力する」という「奔走」とは意味が違うので注意。

ex) 환자를 돌보 간호사의 손길이 분주합니다.
看護師は、患者の介護に手を休める暇もありません(→患者を介護する看護師の手が忙しいです)。

ex) 한겨울에 대비하 어머니들의 손길이 분주합니다.

ex) 한여름에 대비하 어머니들의 손길이 분주합니다.


곱게 한복을 차려입은 가족들은 덕담을 나누며 새해를 맞이합니다.
きれいな伝統衣装で着飾った(←きれいに韓服を着飾った)家族は、良い年になるようにと言葉を交わし(←徳談を交わし)、新年を迎えます。

아이들은 세벳돈 생각에 이른 아침부터 들떠 있습니다.
子どもたちはお年玉のことを考えて(←お年玉の考えに)、早朝からそわそわしています。

조상의 산소를 찾아 성묘를 하러 가는 사람들의 발길은 추운 날씨에도 아랑곳없이 이어지고 있습니다.
先祖の墓参りを(←墓地を訪れて墓参りを)しに行く人々の足は、寒さも(←寒い天気にも)なんのその、途絶えることがありません(←続いています)。

【出処:2011.05.12 まいにちハングル講座応用編】
プロフィール

まい

Author:まい

『まいと学ぼう韓国語』

韓国語学習歴
2003年4月韓国語学習をスタート。いつまで経っても読めないあの丸と棒の組み合わせに、悩まされる日々。

そんな苦悩からも早8年。日本で細々とこの言語と格闘中。

韓国語資格
2008年9月韓国語能力試験6級取得

2011年7月の教材






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
KJ (1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。