--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.28

韓国語ジャーナル活用法。

なんて書いてみたが・・・。
実は、私の方が知りたい(笑)。

皆さん、このハングルの宝の雑誌『韓国語ジャーナル』・・・どのように活用しているのかと。



最近は、ここ1年くらいは、パラパラとめくる程度で終わってしまっているが、
一昔前(っていつ?)は結構真剣に向き合ってた

当時やってた一番基本的な方法は・・・。

まず最初に好きなインタビューのスクリプトをピックアップ
決して人の好き嫌いで選んではいけない。「こう喋れるようになりたい!」って人を選ぶ。

実はこれは英語をやってたときも同じだった。
英語でいうと私のスピーチモデルは「サンドラ・ブロック」。
あのさばさばして早口な感じが、ちょっと頭良い風に聞こえて、それだけでカッコよかった。

韓国語で言うと、今までこの雑誌に登場した人物の中では断トツWAXかな
これまた、とっても知的な喋り方でメチャクチャ惚れる。
あーいう韓国語が喋れるようになりたいとつくづく思う。

あの舌ったらずな感じの10代・20代の子が話すソウル語もいいけど、
でもわざわざアラフォー外国人が真似るべきなのかは分からない

で、ピックアップしたらまずは音声を何度も聴く(スクリプトはまだ見ない)
最初に聴くときは、意味を掴みながら。2回目は音に酔いしれながら(笑)。

実はこの作業が好きだったりする。
一度聴いてある程度意味が掴めたら、2回目は韓国語の音に酔いしれるのがまいさん流(笑)。
特に、語尾とか接続詞に注意しながら酔いしれる・・・^^;
ここって結構、発音するときに私的には重要な気がしてる。

で、十分酔いしれたら、ここからがちとお勉強部分。
若干、通訳学校のときの勉強法とかぶっているけど。

スクリプトを見ながら、意味を確認。
分からない単語は、辞書で確認。
意味が完璧に取れた段階で、ひたすらシャドーイング。


余裕があれば、単語帳作ってみたり、表現集にまとめてみたり。
でもって、更に余裕があれば、その単語をクイックレスポンスしてみたりと。
やろうと思えば、3分くらいのインタビューでもエンドレスにお勉強可能。

あとは、私の場合、選ぶインタビューは芸能人・有名人だけではなく、
途中にある一般人のインタビューなんかも選んでみる。
やっぱり一般人の中でも真似したい話し方をする人はいっぱいいるから

ドラマの台詞を覚えるのもいいけど、やっぱりこの韓国語ジャーナルの魅力は「生」の音声が
ふんだんに詰まっているところかな。

なんてずらずらと書き連ねた割には、大したこと書いてないな・・・^^;
皆さま方も、どのように活用されているかぜひぜひ教えてくださいませ~。
スポンサーサイト
2010.09.22

韓国語ジャーナル。

創刊号からずっと買い続けているのはこれ



妊娠中は「たまごクラブ」。
そして産んでからは「ひよこクラブ」。

それぞれ1冊ずつは買ってみたが、やはり私が興味あるのはこの韓国語ジャーナルらしい(笑)。

そういえば、この雑誌が創刊されたとき、アルク主催の創刊記念パーティー
なんていうものにも参加したっけ。

当時はまだ本格的に勉強してなくって、NHKのハングル講座を見る程度だけだったけど。
会場でお会いした初対面の小倉先生に・・・。

「결혼하셨어요?」
(結婚されてますか。)

と聞かれ、「うわ~。韓国人だ!」と思った記憶がある(笑)。

この韓国語ジャーナル。
月刊誌だったら、どれほどいいだろうと思ったことがあるけど、
よーく考えるとこれほど盛りだくさんの雑誌。
月刊誌だったら、どう考えても消化できない。

これだけ長い時間のスクリプトと音声が付いているこの雑誌って
ホント韓国語教材の宝だと思う。

まして、この音声に登場する人数は数えられないほど。
それほど、色々な人の韓国語を聞くことが出来る。

どうしても同じ人ばかりだと偏ってしまうから。
まさしく、私がいい例で(笑)。

某神話さんのコンサートに行くと、へ様の言葉はほぼ100%キャッチできたとしても、
他のメンバーだと一気にその理解度が落ちる(笑)。
これってやっぱり慣れてないんだよなーって。

でも慣れてないから聞き取れないというのは、まだまだ力不足ということで。
ネイティブだったらそんなことはあり得ないし

ってなわけで、この韓国語ジャーナル34号でしっかりお勉強したいと思いますっ。
まずはシャドーイングを娘っこに聞かせてみよーか(笑)。
2010.09.16

落書きから再出発。

長い間放置していた(というかほぼ忘れていた)このブログ。
その理由は、韓国語から離れていたから(笑)。

学院に通わなくなってから、韓国語から思いっきり離れてしまっていた。
妊娠中は、やっぱり何処か落ち着かなかったのか、あまり勉強しようと言う気にもならず。

でも妊娠後期にふと舞い込んできた日韓翻訳作業。
正直これだけ離れていた人がこんな作業できるのか・・・と不安だったけど。
やり出したら、はまるはまる(笑)。

特にネイティブチェックの部分。
韓国人の子と、あーでもない、こーでもないと作業しているうちに、
やっぱりこの言語とは離れられないなぁ・・・と実感。

結局、出産後、一番最初に買った書籍は、育児書でもなく



多分単語自体は、初級~中級用くらいのものなんだろうけれど、
ほぼ1年近くこの言語から離れていた者にとっては、ぴったし(笑)。
忘れている単語、山のようにありますから・・・

出産後、韓国人の先生に報告メールを携帯から送ろうとしたとき。
「안녕하세요」のつづりが分からなくなって本気で焦った

やばい・・・。
ワタシ、このままだと、本気で韓国語すべて忘れてしまう・・・(; ̄ー ̄川


ってわけで、娘っこが寝ている時間を見つけて、こんな絵心ゼロ(ってかマイナス)の落書きをハングルでしてみたり



しかもこれらのフレーズを授乳中に音読して娘っこに聞かせたりしてる。
きっといい迷惑だろうな・・・と思いながらも、

「あなたは生後1ヶ月にして韓国語と触れ合えるなんて、幸せ者よ!」

と、ちと吹き込んでみたり(笑)。

あ~次の授乳時間が待ち遠しい(笑)。
プロフィール

まい

Author:まい

『まいと学ぼう韓国語』

韓国語学習歴
2003年4月韓国語学習をスタート。いつまで経っても読めないあの丸と棒の組み合わせに、悩まされる日々。

そんな苦悩からも早8年。日本で細々とこの言語と格闘中。

韓国語資格
2008年9月韓国語能力試験6級取得

2011年7月の教材






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
KJ (1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。