--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.30

またもや日韓論戦

昨日はジニョン先生宅に・・・。
ぎゃーぎゃー泣くユジンちゃん(1歳11ヶ月)を横に、またまた熱い日韓論戦開始

数日前、先生宅に日本人のママ友2人が子連れで遊びにやって来た。
するとその2人の子供たちの間でおもちゃの奪い合いが開始。
両親がなだめ、何とか譲り合うことに。

一人の子がおもちゃを渡そうとするとお母さんがすかさず一言。

「〇〇ちゃん、貸してあげるときは“はい、どうぞ。”でしょ?」

すると、もう一人のお母さんが、子供に向かって・・・。

「〇〇ちゃん、貸してもらうときは“ありがとう”でしょ?」

この光景を目の当たりにした先生は、何とも心地が悪かったと言う。
どうして子供同士でそんな挨拶が必要なのか?

貸してあげようとする子には親が一言。

「〇〇야...와~착하다!(〇〇ちゃん、わ~えらいね。)」

貸してもらった方の子には

「〇〇야...와~좋겠네!(○○ちゃん、わ~良かったね。)」

韓国ならこれが普通だという。

この名残なのか、大人になっても友人同士「あ、ごめんね。ありがとう。」
なんて連発する日本人が先生にとっては、とてつもなく、もどかしいらしい。

でも気付くと自分もそういう言葉を連発しているときがあるらしく。
韓国に帰ったとき、友達に・・・。

「고마워(ありがとう。)」

と言ったら、

「너 왜 그래?(あんた、どうしたの?)」

と変人扱いされたと・・・

「親しき仲にも礼儀あり」の日本人・・・。
でも、こんな他人行儀な言葉は要らないという韓国人・・・。

うーん、文化の差って面白い
スポンサーサイト
2010.01.27

韓国語モード。

ここ1ヶ月以上、まったく韓国に触れない日々が続いたかと思いきや。
最近になり、来るメール・電話はすべて韓国人(笑)。
逆に日本人の知り合いがいないのか?って不安になる。っ

でも不思議なことに、がっつり韓国語にはまってない時の方が
韓国語が上達している気がするのはなぜだろー。
発音矯正だ、イントネーションだに一生懸命になっているときよりも、
忘れてる分(アップロードファイル)、韓国語が自然な気がする。

日本で初めて知り合った韓国人のへ様ペン、Kちゃん。
韓国人が「ツ」の発音が出来ないように、日本人にとってはパッチムが難しいはず
なのに・・・

「どーしてそんなに自然なの?」
と、生まれてこの方言われたことのないようなお褒めを頂いた(笑)。

「なんでそんなに不自然なの?」
って台詞は100回以上聞いてたことありますけど・・・にが

なんかそんなこと言われると、嬉しくなって勉強したくなっちゃう(笑)。
それで、すぐ空回りし始めるあたし・・・。
この悪循環・・・なんとかならないかねー。
2010.01.26

マイスウィートソウルから学ぶ表現(9)

콧물을 수습하고 사무실에 들어서는 순간,
鼻水を拭い、会社のフロアーに戻った瞬間、

황부장의 우렁찬 목소리가 들려왔다.
ファン部長の野太い声が聞こえてきた。

"너희들도 얼른 준비해. 화장도 좀 고치고."
「君たちも、急いで支度しなさい。化粧も直して」

"예?"
「はい?」

며칠 전부터 출근하기 시작한 여대생 인턴사원 둘이 눈동자를 치켜떴다.
数日前から勤務しているインターンの女子大生たちが、いっせいにを見開いていた。

"아, 고객사 같이 들어가지고,
「プレゼンする会社に、連れて行くから。

PT할 때 썰렁하면 안 되니까 뒤에 배경으로 서 있어.
殺風景じゃなんだし、プレゼンをしている後ろで立っていなさい。

칙칙한 오은수나 내 얼굴 말고, 뽀얀 니들 얼굴 감상하고 있는 게
くすみきったオ・ウンスや私なんかの顔より、ピチピチした君らの顔を眺めている方が

그쪽 사람들도 덜 지루할 거 아니야."
先方だって退屈しないだろう」


+++++単語+++++
□ 콧물을 수습하다:[句]鼻水を収拾する→鼻水を拭う

□ 우렁차다:[形]響きが大きく力強い.
   ex) 우렁찬 박수 소리 力強い拍手の音

□ 눈동자:[名]【―瞳子】瞳(ひとみ).

□ 칙칙하다:[形](色が)くすんでいる;(毛髪・林などが)すき間がなく密で濃く見える,ぎっしり詰まっている.
   ex) 축제 분위기에 어울리지 않게 네 옷이 너무 칙칙하다. 祭りの雰囲気に似合わず、君の洋服はとても暗い

□ 뽀얗다:[形]보얗다の強調語。(煙や霧がかかったように)うっすらと白い
   ex) 안개가 뽀얗다. 霧が白く立ちこんでいる

出処:マイスウィートソウル[韓]P. 12/[日]P. 10
2010.01.25

副詞『곧(コッ)』のお話・・・。

パダスギをしていて、いつも間違えるのが今日の単語。

jumee☆faceA114L3 곧 (コッ)  jumee☆faceA114L3

意味は「①すぐに②すなわち」
過去ログを見てみると、能力試験の中級の頻出単語らしい^^;
にも関わらず未だに間違う私って・・・jumee☆sweat1Lr

何と間違えるかというと、『꼭(ッコッ)/必ず、きっと』(汗)。
未だに濃音と平音が区別できないから、こういうことが起きるんだと思う(えばらないように・・・^^;)

リスナーからのお便りに、こんな言葉があった。

“나 학원인데 갈테니까 지금 나와”
「私、学院だけど、すぐに行くから、今出てきて。」


一見普通に見える会話だけれど、実はこれ笑い話。
「나 학원인데(ナ ハゴンインデ/私、学院だけど)」の部分を、電話の相手は
「학원(ハゴン/学院)」という名前の人と勘違いしたご様子・・・。

で、思わず・・・。

“예? 학원이? 학원이가 누군데?”
「えっ?学院?学院って誰?]


と返してしまっただとか・・・。
このときのDJお二人の笑いったら・・・。
一人のDJは確実に顎が外れる寸前です(笑)。

テーマ韓国語
ジャンル : 学校・教育

2010.01.23

ちょっと待ってよー!

私の数年前の日課はこれだった。

出勤前の・・・

논스톱4 보기
(ノンストップ4を見ること)

intro_01.jpg

アメリカ時代もシットコム大好きだったけど
韓国と出会ってから、これほどツボな番組があるとは・・・アップロードファイル

で、最近。
またもや、KNTVの再放送を1話から録画し出し
出勤前のお楽しみタイムハートとなっている。

何度も観ているのでストーリー的には目新しいものは何もないが・・・。
字幕と音声を両方追っていると、結構いろんな発見がある虫めがね

友達同士、カップルなど、片方が足早に歩くシーン。
すると、もう片方が後ろから追っかけてくる。

「ねぇ、ちょっと待ってよーだっしゅ

一生懸命追っかけてくるシーン。

こんなとき、私だったらどう訳すか・・・。
思いっきり日本語に引きずられて

「잠깐만...(チャムカンマン)」
とかやっちゃいそう。

でも答えは・・・。

「같이 가~ (カッチガ/一緒に行こうよハート)」

うーん、こういったちょっとしたこと。
案外机上だけの勉強じゃ身に付かないんだよねぇ・・・絵文字名を入力してください

テーマ韓国語
ジャンル : 学校・教育

2010.01.22

【All About New York】入国審査員と話す

240px-AC3A9roport_JFK_DC3A9cembre_2007_-_Terminal_9.jpg
【credit:Wikipedia】


まま 안녕하세요.
   Hi.

メガネくん 여권은요?
   Your passport?

まま 여기요.
   Here it is.

メガネくん 혼자 여생 중이신가요?
   Are you traveling alone?

まま 네.
   Yes, I am.

メガネくん 학생이에요?
   Are you a student?

まま 네, 대학생이에요.
   Yes, I'm a college student.

メガネくん 뭘 공부하세요?
   What are you studying?

まま 패션 디자인요.
   I study fashion design.

メガネくん 샤넬처럼 유명한 디자이너가 되고 싶은 거군요.
   Oh, you want to become a famous designer like Chanel.

まま (웃으며) 네. 그렇게 되길 바래요.
   (smile) Yes, I hope so.

メガネくん 미국에 오신 걸 환영합니다. 공부 잘하시길 바래요.
   Welcome to the United States and good luck with your studies.

まま 감사합니다.
   Thank you.
2010.01.10

心の風景。

img_20091228145952711_240914167042866990.jpg
【出処:BS日テレ開局10周年特別番組 上戸彩の旅・伝統が息づく韓国“心の風景”】

最近テレビを観ていると、韓国をfeatureした番組が多いように思う。

1 グルメ食事
2 ショッピング買い物
3 エステアップロードファイル

この3つに焦点を当てた番組構成が多い中、この番組は一味違った。

「上戸彩の旅・伝統が息づく韓国“心の風景”~有名韓流スターたちが教えてくれた韓国の心~」

本当に『韓国の心ハート』を感じられる素晴らしい内容だった。
リュ・シウォンの言葉の通り、その国を感じるためには「衣・食・住」を探ること。
改めて納得した。

番組冒頭に訪れたチマ・チョゴリ店でのこと。
韓国の사국(時代劇)で使われるチョゴリのデザインまでしているとうオーナー。
とっても素敵な人だった。

今まで「韓国韓国=チョゴリ」という図式が当たり前のように成り立っても、
この韓服に込められた模様の意味、そしてコミュニケーションまでも成り立たせてしまう
ツールの一つであったことなど、まるで知らなかった。

そして何よりもこのオーナーが話す韓国語の一語一句。
自分がもしあの場所に通訳者として居たなら、果たして私はこの大事な伝統文化を
正しく日本人に伝えることが出来ただろうか。
聞きなれない言葉が出てきたり、頭の中では理解できても、適当な日本語に
置き換えられなかったり、なんだかまだまだだなあせと思うことが山のように出てきた。

通訳の勉強から離れて半年にもなるのに、未だにこういう見方している自分が可笑しい笑
やっぱり何処かにこの『韓国の心ハート』を伝えたいという欲求が存在しているのかもしれない。
それが決して同時通訳者・会議通訳者などという輝かしいタイトルを持つ職業でなくとも、
一緒に隣でテレビを観ている家族にでも伝えたいらしい。

伝統も文化も違う隣の国の『心の風景』が、私たち日本人の心にもそのまま映し出される。
実は私が願ってることってこんなことだったりするのかも・・・キラキラ・桃2

テーマ韓国語
ジャンル : 学校・教育

2010.01.01

HAPPY NEW YEAR 2010!!



新年明けましておめでとうございます。
すべての皆様にとって素敵な1年でありますように!

テーマ韓国語
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

まい

Author:まい

『まいと学ぼう韓国語』

韓国語学習歴
2003年4月韓国語学習をスタート。いつまで経っても読めないあの丸と棒の組み合わせに、悩まされる日々。

そんな苦悩からも早8年。日本で細々とこの言語と格闘中。

韓国語資格
2008年9月韓国語能力試験6級取得

2011年7月の教材






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
KJ (1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。