--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.28

I L♡VE EBS!!

昨日は2時間近くもEBSの小学3年生の国語の授業を見た(笑)。
日本のNHK教育に相当するこのEBSチャンネル。
この番組の存在を教えてくれたのは、この人だった↓(笑)。



日本でもKBS World Radioにてお馴染みの문단열(ムン・ダンヨル)氏。
EBS番組「English Cafe」のメイン講師だ。

・・・忘れもしない2004年の夏。
梨花女子大の3週間プログラムに参加するために、地元の駅で空港バス
に乗ったところ、たまたま隣の席に座っていたのが彼だった(笑)。
まだ韓国語を勉強し始めて1年足らずだった当時の私は、
「梨大のキャンパスで迷ったらどうしよう」とひたすら、キャンパスマップとにらめっこ。
その時声をかけて来てくれた。

日本人!?って思うほど日本語ペラペラ。
おまけにアクセント・発音共に素晴らしい。
「どうしてそれほど日本語がお上手なんですか。」
と聞くと、「英語講師だから」と意味不明なお答え(笑)。
先生曰く、語学の講師であれば、耳が良いのは当然だということ。

なんだか半信半疑の話に、怪訝な顔をしていたのだろうか・・・。

「あっ、韓国着いたらEBS見てみて。ボクの番組やってるから。」

これまた意味不明で、とりあえずEBSと書かれた紙と、
何か韓国で困ったことがあったら・・・と言って、連絡先を教えてくれた。

ってなわけで、EBSが何だかよくわからなかった私だが、
下宿先に着いたその日の夜。
チャンネルを合わせてみると・・・

「え????ホントに出てる。」

って訳で、初めてこの先生のホントの正体を知ることになった(笑)。
そんなふとした出会いから知るようになったこの知識チャンネルEBS
もちろんネットでも無料で見れる。(番組によっては一部有料有り。)

幼児教育から大人まで様々な教育番組があり、本当に飽きない。
昨日見た「小学3年生の国語」では、敬語の使い方を勉強した(笑)。
やっぱり私達が外国語として習う韓国語とは教え方のアプローチが違い、
これまた死ぬほど興味深い(笑)。

あ~、久しぶりに勉強が楽しいハート
今晩も「小学3年生の国語」・・・がんばっちゃおう(笑)。
スポンサーサイト
2009.08.27

RESTART!

昨日大阪から戻った・・・。
理由は、書かなくても分かる人には分かるとして(笑)。

10月の通訳コースには申し込まない方向で決定。
ちなみにサブタイトルも「各駅列車で向かう韓国人への道」に変更(笑)。

さぁ・・・これからはどこに向かうのだろう。
ノルマがなくなった今、一気にまっさらな状態になってしまった^^;

でも、やりたいこと、そしてやりたくないこと(笑)が見えてきた今。
ひたすらやりたい勉強に打ち込める気がする。
そしていつか국제대학원へ通える日が来ることを夢見て・・・。

うーん、夢ばかりが膨らむ今日この頃はーと
2009.08.24

悩・悩・悩

今週でこの夏の通訳クラスも終了。
一応10月からのレギュラークラスに向けての受講だったけれども・・・。

悩む・・・悩む・・・悩む

この数ヶ月間・・・。
ほぼ勉強というよりは毎日のノルマをとりあえずこなしてきたけれど。

やっぱりわからないことが多すぎ。
そして、知りたいことも多すぎ。
何よりも勉強したいことが多すぎ。

やればやるほどこの気持ちは募るばかり・・・。
でも毎日が課題とノルマに追われて、結局それをこなすだけで精一杯。

一から勉強しようとソウルで買い込んだ韓国の小中高校生の教科書も手付かず。
見たいドラマは溜まる一方。
へ様はほぼ封印状態(笑)。

「これから10年間は、修道院に入った気持ちで」

通訳クラスの初日に言われたこの一言が私を悩ませる(笑)。

自分がホントにやりたいこと・・・。

韓国を知りたい・・・!

多分この一言に尽きるんだけど。
この通訳者への道のりは、なぜか私を韓国から離していく気がしてしまうのは
何故だろう・・・。

あー、出るのはため息ばかりだ・・・絵文字名を入力してください
2009.08.22

『不安を補えるのは知識のみ』

通翻クラスの前は、毎週緊張の連続。
ホントにこの緊張感ったら、もう言葉では表せない。
特に隔週で行われる日韓通訳の場合は、事前にトピックが知らされないため、
初見で通訳または再生を行わなければならない。

「あ~、今日のトピックは何だろう・・・」
「こないだ勉強したあのトピックなら最高なのに・・・」

もう不安で押しつぶされそうな中、気づくとノートに残していたのが

『不安を補えるのは知識のみ』

というこの一言(笑)。
事前知識があれば、ある程度自分の中に余裕が生まれ
リラックスして聞くこともできる。
でもそうでないと、もう焦る気持ちで聞こえるものも
聞こえなくなる・・・。

ってここまで書いた瞬間、すごいことに気づいた・・・。
不安って補うもの!?(笑)
どうやらまともな日本語も書けないくらいの
追い詰められた精神状態だったらしい^^;

って自分では本気で思っていたんですが・・・。
そういえば、この支離滅裂な日本語書きながら、
こんなものを食していたことを思い出す(笑)↓



多分ホントに追い詰められた人は、こんなもの、
授業直前に食べられないだろう アップロードファイル
2009.08.22

金大中元大統領の日記より (09.01.06)

2009년 1월 6일

돌아보면 파란만장의 일생이었다.

그러나 민주주의를 위해 목숨을 바치고 투쟁한 일생이었고

경제를 살리고 남북화해의 길을 여는 혼신의 노력을 기울인 일생이었다.

내가 살아온 길에 미흡한 점은 있으나 후회는 없다.

思い返してみれば、波乱万丈な人生だった。

しかし、民主主義のために命をかけて闘争した一生であり

経済を復興させ、南北の和解への道を開くことに渾身の努力を傾けた一生だった。

私が生きてきた道に至らない点はあったが、後悔はない。(09年1月6日)

2009.08.20

NO STUDY DAY!!

5月に行ったソウル旅行の動画を編集しようと思い、
夜中からパソコンと格闘。
明け方3時半まで頑張ったけど、結局パソコンの調子が悪く諦める。

で、次の日。
勉強するつもりで有給取ってたのに、
またまた無駄にもパソコンいじり開始。
結局勉強は何もできず、気付くと日付が変わってた・・・(笑)。

でも、ふと思ったこと。
「NO STUDY DAY」があってもいいんじゃないかって。
世には「ノー残業デー」もあるわけだし^^;

その方が健全な生活が送れる気がする。
「勉強しない勇気」。
これ、メチャクチャ必要・・・印

って思ってたのに、夜中やっぱり不安になり、
ひたすら音読&シャドーイングを始める。
で調子に乗って、今週の通訳クラスのサイトラを始めたら・・・。

あまりにもひどすぎる自分のパフォーマンスに
いきなり焦り始める汗

あー、私って貧乏性かも・・・(笑)。
2009.08.18

切磋琢磨 -- 通訳者はこうして作られる

#STEP1 통역사 되기로 결심하다
通訳者になることを決心する

#STEP2 “언어는 ‘철판’으로 하는 거야”
言語は「鉄板」で行なうもの

#STEP3 정년과 차별 없는 ‘전문직 프리랜서’를 향해
定年も関係ない「専門職フリーランサー」に向かって

#STEP4 팔방미인이 돼야 하는 이유
八方美人(=万能選手)にならなければならない理由

#STEP5 나 영어 잘하는 줄 알았는데… ㅠㅠ
私、英語が得意だと思ってたのに・・・(涙)

#STEP6 느린 걸음으로
ゆっくりとした足取りで

#STEP7 통역사로 산다는 것
通訳者として生きること

出処:新東亜 -- 절차탁마(切磋琢磨), 통역사는 이렇게 만들어진다


休みボケが続いているせいか、勉強が非常に面倒くさい今日この頃。
おんまに、「もう通訳の勉強辞めようかな?」なんて漏らしてみる(笑)。

そんな時、以前ブックマークだけしておいたこの記事を思い出し、読んでみた。
あるOLが、どうしても捨て切れなかった通訳者の道を選択するため、
大手企業を辞め、通翻大学院合格に向けて専門の学院に通い出す。
その後、通翻大学院へ合格し、そして念願の通訳者へ。

その道のりの出発点であった学院での苦労をこんな風に語っている。

・・・여러 학생 앞에서 온몸이 벌겋게 달아올라 ‘버벅’댄 뒤 창피하고 발표가 부담스러워 학원가기가 꺼려질 만큼 절망했다. 책상에 코를 푹 박은 내게 강사가 한마디 던졌다.

・・・多くの学生の前で全身が真っ赤に火照り、しどろもどろに・・・。恥をかいて発表が重荷に・・・もう学院に行くのが嫌になるほどの絶望感。机に鼻をベッタリ押し当てている私に講師が一言投げかけた。

“언어는 ‘철판’으로 하는 거야.”

言語は「鉄板」で行なうもの


今の私の心情をこれほどまでに表わしてくれた文章はないだろう・・・(笑)。

以前から書き続けてるように、学院に行くと、

韓国語の出来なさ
日本語の出来なさ
常識のなさ

これが3拍子で浮き彫りになる。

でもあれだけ毎回毎回恥をかかされると、ある意味この「恥」にも慣れてくる。
これを「絶望」と捉えるか、それとも「希望」と捉えるか・・・。
もしかすると、このお気楽な性格が幸いして(いや、災い!?)
私は勝手に後者だと一人信じているだけかもしれない(笑)。

この道のりを鉄板と例えるとは、何とも的確な・・・^^;
そういえば、うちの先生も通翻クラスの初日にこんなこと言ってたっけ。

「出来る部分を見せるのではなく、出来ない部分を見せて下さい。」

あの日から約4ヶ月。
クラスの中で忠実にこの言葉を守っている生徒は、間違いなく私だけだろう(笑)。

さぁ、今週からまた「鉄板人生」の始まり・・・。
真っ赤を通り越して丸焦げになりそうな予感がするのはなぜだろーばってん
2009.08.17

12色入りペンセット。

幼い頃から無類の文房具好き。
特に私の心を揺さぶるのはペン類sai.wingpen
書き心地が良いと、無駄に全色集めてみたりする(笑)。

土曜日の午後の仕事帰り。
家に帰れば、数え切れないくらいあるっていうのに、
急にペンを買いたい衝動に駆られた。
ってなわけで、某スーパーに駆け込み・・・。
小学生の子供たちに混じって、12色入りペンセット+自由帳をお買い上げ♪

そのまま店に併設されているフードコートにて、おニューのペンと自由帳を広げ・・・。
「分析の図式化」を書き出す・・・(笑)。

逐次通訳の基本原理として言われている『聴解→理解→分析→再表現』というこの構図。
私の中で一番抜けているのは「分析」のパート。
聴いて理解してても、きちんと再表現ができないのは分析ができてないからだと
つくづく感じる。

それを克服するために、最近始めたのが、社説でも何でもとにかく聴いたものを図式化する。
すると、長い文章の中でも、どこの部分が大事な部分で、どこの部分は単なる肉付け。
そして、どこの部分は落としてもいい部分か・・・。
これがちょっとだけ見えてくる気がする。

もちろん黒のペン一本で出来る作業だが、どうせやるなら楽しく!
今週宿題に出されている「韓国とインドが包括的経済連携協定(CEPA)締結」などという
スーパーつまらなさそうな文章でも、韓国韓国赤色、インドインド緑色などと勝手なるイメージで
色づけしてくと、ちょっと楽しくなってくる(笑)。

それと、何よりも、ダラダラと長かった文章が、ノート1ページに図式化されることで
一気に理解できるところが嬉しい。
通訳者はこの作業を一瞬のうちに頭の中で行なうのだと思うと、
本当に神業だとしか言いようがないビックリ

あー、ちょっぴり私にも夏休みがあったかと思えば、
今週からはまたあのプレッシャーとの戦い・・・。
双竜(サンヨン)自動車のあの壮絶な労使交渉の姿を見ていたら、
私の心の中の葛藤がそのまま映し出されてる気がしたのはなぜだろー(笑)。
2009.08.15

8月15日という日・・・。


ここ数年、8月15日というと決まって思い出す出来事がある。
忘れもしない2006年8月15日。

ソウルの「カナタ韓国語学院」という学校に短期留学中だった私。
韓国では「光復節」と呼ばれるこの8月15日は、大学の語学堂はもちろん
24時間眠らない韓国の食堂まで休みとなる国全体にとって重要な公休日。
この日ばかりは観光にも出かけられず、
街中で日本語を話すことは厳禁だと教えられていた。

2週間しかない限られたソウルでの滞在時間を有意義に過ごしたかった私と友人。
「観光がダメでもこれなら・・・」ということで当時イ・ジフン氏が出演していた
『アルターボーイズ』というミュージカルを観に行くことにした。

開演時間までの間は、お互い日本語を喋らず・・・
といっても、当時の私たちは韓国語も自由に操れるわけがなく
ひたすら口を噤んでいるいうなんとも不思議な2人あせ

そんな無口の2人は、ミュージカルが始まるやいなや・・・。
初めて見る韓国の舞台に大興奮!!
抑え切れないテンションのまま迎えたミュージカル中盤。
主人公のイ・ジフン氏が会場に降りてきた!!

すると私の隣にいた友人が急にいなくなった。
イ・ジフン氏にさらわれたのである(笑)。
何が起きているんだか、全くわからない彼女。
気付くと、舞台の上でスポットライトを浴びている(笑)。

今でこそ笑い話であるが、客席に残されたあの時の私は、
今まで掻いたことのない冷や汗を掻いた。
「8月15日」というこの日に・・・。
あまりにも軽率な行動に出すぎてしまったのではないか・・・。

案の定舞台の上ではこんなやり取りが始まった。

ジフン:「성함이 어떻게 되세요?」
お名前は?


嘘を名乗るわけにもいかない友人は正直に自分の名前を告げる。
すると、ジフン氏。

「네? 혹시 일본 분이세요? ワ~、ビックリシタ~!」
えっ!?ひょっとして日本の方ですか!?わ~、びっくりした~!


すると会場が一気にざわめく。
そりゃそうだ・・・。
韓国のこの地で・・・。8月15日というこの日。
観客から選ばれたたった一人のラッキーガールが日本人。

申し訳ない気持ちで一杯で舞台を直視できない私・・・。
すると、どうしたのだろう・・・。
ざわついていた会場から一気に割れんばかりの拍手が起きた。
日本人の彼女が、一生懸命韓国語で会話をしているその姿が
韓国の観客の心を揺さぶったようだ。

無事舞台から釈放されて私の元に戻ってきた彼女(笑)。
未だに観客からは拍手が送られている。

舞台は後半へと続く・・・。
すると、ジフン氏はもちろん、他の俳優さんまで、
あらゆる場面にて自分の知っている日本語をアドリブで入れる。
その度に会場からは笑いが起き、舞台の雰囲気は最高潮に達した。

「今まで何回も観たこのミュージカルだったけど、日本の方の登場でこれほどまでに盛り上がった日はなかった。」

こうHPに残された書き込みを見た瞬間、
私たちにとってドキドキだった長い8月15日が安堵感と共に終わった。

3年前のこの日の思い出に浸りながら、新大久保で昼間から
サムギョプサルを焼く私たち二人(笑)。
韓国のあの暑い夏の日が愛しくて仕方がない・・・ハート
2009.08.13

教育に関する語彙 (Reader's Digest)


USAオバマ夫妻の子どもの教育法
❏영부인:令夫人
❏백악관:【白堊館】ホワイトハウス
❏기쁨과 근심:喜びと心配
❏칭송을 받다:【稱頌】ほめられる
❏응석받이:甘えん坊
❏누이동생:【―同生】(兄からみて)妹
❏예의범절:【禮義凡節】礼儀作法
❏취침시간:就寝時間

絵文字名を入力してください動作に関する表現
❏빈둥빈둥 시간을 보내다:だらだら時間を過ごす
❏엄격하게 굴다:厳しく振舞う
❏침대에서 뒹굴다:ベッドでごろごろする
❏운집한 대중들:【雲集】群がる大衆たち
❏얼싸안다:(両腕を広げて)抱き込む,抱き締める

ハート感情に関する表現
❏걱정을 토로하다:心配を吐露する
❏죄책감을 안다:罪責感を抱く

NOTE:리더스 다이제스트(Reader's Digest)2009年8月号
プロフィール

まい

Author:まい

『まいと学ぼう韓国語』

韓国語学習歴
2003年4月韓国語学習をスタート。いつまで経っても読めないあの丸と棒の組み合わせに、悩まされる日々。

そんな苦悩からも早8年。日本で細々とこの言語と格闘中。

韓国語資格
2008年9月韓国語能力試験6級取得

2011年7月の教材






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
KJ (1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。