--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.03

第14回韓国語能力試験結果発表・・・。

理解できない人間の想いが、信じられないものを作り出す。
奇跡を起こす。
世界中のだれも信じてなくても、自分ひとりは信じる。

北京オリンピックの前にある番組で語った、陸上の為末選手の言葉。
能力試験を控えていた私には、これほどまでに支えになる言葉はなかった。

実力不足もいいとこだったが、生まれて初めて私にも奇跡が起きた。
TOPIK


6級合格。
3連休を旦那の実家で過ごしていたために、ネットカフェからチェックした合格発表。
気づいたら大粒の涙で前が見えなくなっていた。
嬉し涙ではなく、驚きの涙だった。
でも、気づくと悲し涙に変わっていた。

合格に導いてくれた学院の先生たち。
一番このニュースを伝えたい人たちなのに、なくなってしまった学院。
本当に残念すぎる。

でもこの奇跡の合格が、大好きだった学院で勉強した私の証であると、
今日くらいは信じてもいいだろうか・・・(笑)。
きっと金先生に伝えたら大否定されそうだが・・・^^;
合格しても、まだ文句言われてそう・・・(笑)。

さぁ、今日からまた新たな韓国語人生の第一歩。
道は長くて険しいだろうけど、がんばらないと・・・。
あぁ、金先生にお尻叩いてほしい^^
スポンサーサイト
2008.10.08

第14回韓国語能力試験を振り返って・・・。

能力試験が終わり、一気に勉強をしなくなった日々。
夜になると時間が余ってしょうがない(笑)。
おまけに多いときは週に3日通っていた学院までもが
なくなったために、本当にどう過ごしたら良いのかわからなかったりする^^;

昨日は急に夜中になり洋服ダンスを整理してみたり・・・。
ネットサーフィンを始めてみたり・・・。
普段、自分のブログ更新だけで精一杯で、あまり他の人の
ブログには行くことがない私だったが・・・。

ちょっと検索すると、韓国語関連のブログの多さにビックリ!
そして、そこでこの間の能力試験の問題&解答が発表になっていることを
知って、もっとビックリ(笑)。
そういえば、試験が終わった時には、10月の第2週に発表になるとTOPIK
掲示板で確認していたはずなのに、ちょっと時間が経っただけで
完全に記憶から消えていた^^;

早速採点をしてみようと、ドキドキする気持ちで、問題と解答をプリントしてみた。
語彙から問題と解答を照らし合わせ始めたが、ここで問題発生。

自分がどれを答えに選んだのか全く覚えてない(笑)。

要するに確信を持って選んでないということだ--;
ということで、ここは気を取りなおして、再度、試験問題を解いてみることにした。

結果・・・。

何度解いても、語彙がひどい・・・。
しかももっとひどいのは、「答えは③に違いないが、試験当日では④を選んだ」
なんて問題が出てくる^^;

もうこの際、見なかったことにしよう・・・なんて、最後には意味不明な開き直り。

あぁぁ・・・やっぱり学院探しからまずは始めなくてはダメなのだろうか。
独学でも強い意志を持って勉強すれば、問題ないはずなのに。

うぅん。悩みは尽きない・・・(って他に何の悩みあったっけ!?^^;)
2008.09.23

第14回韓国語能力試験・・・。

ついつい本家ブログ「ヘソンと学ぼう・・・」の方でもつぶやいてしまったが・・・。
なんだかついていなかった韓国語能力試験だった。

高級を目指したのは、去年の5月。
ここから学院で対策講座に通い始め、ひたすら過去問とのにらめっこの日々を4ヵ月続けた。
・・・にも関わらず、試験3日前。
風邪を引き、病院に行くと、悪性リンパ腫の疑いがあると宣告され、
結局試験は受けられずに終わった。
それから数ヶ月病院通いが続いたが、さんざん色々な検査をした結果、
リンパ腫だと思われていたものはただの骨だったと判明(笑)。

学院のクラスメートは全員が5級合格を果たしていたため、
今年はなんとかみんなに追いつこうと、1発で6級合格を!と、
無謀すぎる目標を立てさせられる(笑)。
そう、私が立てたわけではなく、私の心のオアシスであった学院の先生が勝手に立てた。

今年4月から、新たにまた受験勉強を開始。
学院では毎回先生にお尻を叩かれ、なんとか過去10年分の問題もつぶし、
先生お手製の電話帳のようなテキストも一通り暗記した(つもりだった)。

そんな中、8月の終わりに入り、いきなり学院が倒産。
一気に暗闇に突き落とされた気分だった。
私の生活に密着し過ぎていただけに、なかなかこの現実を受け入れられなかった。
でも、大好きだった先生方への恩返しと思って、なんとか準備万端のつもりで当日を迎えたが・・・。

2時間目のリスニング。
開始10分で急にCDの音声にトラブルが発生。
途中中断され、その結果、読解が本来の試験時間よりも10分も短縮されてしまった。

ほぼ2年越しで準備しただけに、正直ショックで言葉が出なかった。
本当に心痛む結果となった。

でも、いろいろと思った結果・・・。

やっぱりすべては自分の実力不足だったのかなと。
もちろん、10分もロスしてしまったことは、アンラッキーだったとしか言えないが・・・。
それでもまったく余裕がなかった私にとって、やっぱりまだまだ韓国語高級というのは
遠い道のりだったと実感。

正直試験の準備をしている時も、「使える」ことよりも「暗記」に偏ってしまっていた。
単語の個々の意味は思い出せても、例文は作れない・・・。
そんな状態だった。

読解も、今の私にはまだ「韓国語を読める」ようにはなっていない。
あの記号のような文字を、無理やり頭で単語一つずつ日本語の意味を当てはめながら、
つないで理解しようとしている感じ。

学院で散々練習してきた長作文は原稿用紙すべて埋めたものの、後から単純なつづりのミスもかなりあったことを発見。(しかも、あの原稿用紙は900字あったらしく、字数オーバーということも発覚^^;)

ひたすら暗記だけでなんとかなると思っていた最初の語彙も、今まで見たことないような単語が満載。やっぱり普段韓国語の本を読んだり、新聞を読んだり、そうしたところでハングルに触れてないと、なかなか6級の壁は突破できないということを、今回身をもって知った。

ホントに今思うと反省点だらけ・・・。
10分短縮でギャーギャー騒いでいたが、こうやって思い返すと、
あと20分あったとしても、やっぱり6級には届かなかっただろう^^;

ま、課題が見えただけで、収穫と思うことにしよう!
さぁ、次回に向けてがんばろう・・・(笑)。
2008.06.17

単語リレー。

長年、韓国語を勉強している中、私が一番苦手なのは語彙。
これは同じクラスの友人と比較しても、明らかに劣っている。
通常の授業は韓国語で行なわれるが、この能力試験の対策講座の限っては
日本語で授業が行なわれる我が学院。
順番に訳を当てられるので、ここでいかに語彙力がないかがばれる。

たまに長文だったりすると・・・。

「先生、こんな文章をまいさんに訳させるだなんて、罰ゲームじゃないんだから・・・。」

とクラスのみんなが、視線を送ってくれる(笑)。

そんな同情を背負って過ごしていた日々だったが・・・。
もうそんなことを言ってられなくなってきた。
今年もやってきました、恒例の単語リレー!(と勝手にネーミング。)

毎日動詞・形容詞・名詞のそれぞれ漢字語と固有語が50個ずつ与えられる。
1日に50個なので、1週間で350個。
そして、毎週クラスではこの350個の中から20問が出され、単語テスト。
しかもすべてハングルで書かないといけないので、きちんと正書法ができないとアウト。
もし間違えた場合には、家に帰ってそれぞれノートに5回ずつ書いてくるという
小学生の頃の漢字ドリル並みの作業が課される(笑)。

これが8週間続くので、2ヵ月後には
約3,000語が覚えられていることになるらしい。(覚えてればの話^^;)
スパルタ韓国・・・。
ホント、開いた口が塞がらないとはこういうことを言うのであろう。

金先生曰く・・・。

「여러분 1중일에 350개를 외워야 된다고 생각하지 마시구요.
皆さん、1週間に350個を覚えなければいけないと思わないで下さい。

벌써 아는 단어도 많을 거니까 새로 외워야 되는 단어는 50개 정도밖에 없을 거예요
すでに知っている単語も多いから、多分新しく覚えなきゃいけない単語は50個くらいですよ。

물론 학생마다 틀리겠지만...
もちろん生徒によって違うでしょうが・・・。


先生・・・。
最後の一言、大当たりですよ。
私の場合、50個を覚えなければいけないんじゃなくて、50個だけが知っている単語で、
残りの300を覚えなきゃいけないんですが・・・^^;

あぁ・・・。ホントに気が遠くなる。
さぁ、残りのランチ時間もお勉強・・・(笑)。
2008.05.20

말도 안 돼~!(あり得ない~!)

毎週日曜日通っている能力試験対策の作文講座。
2時間目の授業の最後は、20分間で800字の長作文の練習を実施。
本番同様、その場でトピックが出され、ひたすら20分鉛筆を動かし続けるので
学院と言えども、緊張感が漂っている。

今まで書いてきたトピックは・・・。

地球温暖化対策
医療の地域格差
高齢化社会への対策
インターネット社会
投票率向上にむけて

などなど。
いつも思うことだが、この韓国語の難しさよりも、まず私は
文章を構成していくにあたり、内容が思いつかない^^;
時事問題の疎さはもちろん、日頃から如何に、物を考えずに
暮らしているかと言うことを、嫌というほど感じさせられる。

先週の授業。
出されたトピックは「안락사(安楽死)」だった。
重すぎるトピックではあったが、言語は違っても、
大学入学にあたり留学生には必須だった「TOEFL」のライティングで
何度も書いたことのあったトピックだったため、珍しく鉛筆はすらすら・・・^^

「もう少しがんばりましょう。」という一点張りの先生のコメントから
逃れられる日が来るかと思い、テンションは上がりっぱなし!

「残り時間2分です!」

通常この先生の号令がかかると、泣きたくなるほど追い詰められている
私だったが、この時ばかりは余裕だった・・・。

・・・・はずが・・・。

「あれっ、安楽死って何だっけ!?」

とんでもない質問が私の中で込み上げてきた。
鼻歌を歌いながら(歌ってないが・・・^^;)書いた自分の作文を見ると、
思いっきり書いている内容は・・・。

・・・「사형 제도(死刑制度)」

「말도 안 돼~!(あり得ない~!)」
とはこういう時、使う言葉なのだろう・・・(笑)。

さぁここから残りの2分が大変。
周りは真剣に書いているのに、一人笑いが止まらない私。
本当に自分のバカさ加減に爆笑が押し寄せてくる(笑)。

あぁ・・・。
確実に「もう少しがんばりましょう。」のコメントからは逃れられそうだが・・・^^;
怖すぎる・・・(笑)。
2008.05.15

Narrow Down!

今日のランチ、同僚のM子に能力試験の勉強ははかどっているかと聞かれた。
答えは、YesのようなNoのような・・・。
正直わからない。
一応毎日何かしらやってはいるものの、果たしてこれでいいのかどうか・・・。

逆に、この間卒業試験に合格した彼女へ、どのように試験勉強をしたかと聞くと。
キーポイントは・・・。

「Narrow Down!(絞り込み)」

だとか・・・。
今思い返すと、自分が大学時代、教授たちからも散々聞いた言葉だった。

彼女が試験前に準備したものは3つ。

①自分がまとめたノート
②友人がまとめたノート
③過去問題5年分

すべてをまとめるとファイル5冊分になったそうだが、
ここから大事なものだけを絞り込んでいくという。
どのように絞り込むかというと・・・。

分析!
過去の試験でどのようなものが出されたのか、またそれが何度出されたか
彼女はExcelでまとめていったらしい。
その中でも何度も出されているものだけをピックアップし、
その部分だけをノートに貼り付ける。

また似たようなものは、項目として分け、とにかく情報をコンパクトにしていくというのだ。

彼女曰く、一般の人が保持できる記憶の量はある程度決まっているのではないかと。
なので、全部覚えようと無理やり詰め込むのではなく、ある程度自分で的を絞りながら
勉強していくと、量も少なくなるので、プレッシャーも減るという。

でも、この「Narrow Down (=絞り込む)」という作業をするためには、何が大事なのかを
見極めなければいけない。この見極めをする時点で、過去問題にも何度も目を通すので
結局はこの過程が勉強になっているという。

最初はファイル5冊分だった情報も、2冊になったという。
そして、更に覚えたものは抜き、覚えられないものを1冊にまとめる。
そして、試験直前には、A4用紙1枚になっただとか・・・。

ただやみくもに莫大な情報を片っ端から覚えようとするのではなく、
的を絞りながらやらないと、結局覚えきれずに途中で挫折だと彼女。

やはり英語教授法という専攻だけあって、勉強法に関しての話をするときは、
別人のようにかっこいい・・・(笑)。
大好きなコン・ユの話をする時には、目からハートが出まくっているのに・・・^^

「Narrow Down!(絞り込み)」を合言葉に今日からまたガンバロウ。
2008.04.28

受験勉強開始・・・。

今日からついに始まってしまった能力試験対策講座。
9月の試験まであと半年、この分厚いテキストとにらめっこしながら
いくと思うと、本当に気が重い・・・。

9月までにやらなければならないこと・・・。

①過去10年分の過去問
②毎日ノルマの単語50個ずつ
③文法整理
④分野別単語の習得
⑤NHKニュースまたは東亞日報の社説読解
⑥分かち書きの練習
⑦長作文で使用するセットフレーズの習得
⑧諺・四字熟語の習得
⑨擬態語・擬声語の整理
⑩通常の授業の復習

こうやって見てみると、結局はすべて語彙の気がする・・・。
高級は語彙勝負だと先生は去年から言っていたけれど・・・。
どうやらこれをクリアーすると、新聞はほぼ確実に読めると・・・。

さぁ、今年こそは脱落せずにいけるのか・・・。
最近がんばったことがないから、今年こそはがんばってみようか、自分・・・(笑)。

って前に、まずは「韓国語 似ている動詞使い分けブック 」の読破だ・・・!
って言いながら、もう何日経ってるのでしょう・・・(笑)。
2008.03.10

韓国語能力試験の単語たち。

名詞の後に「들(ドゥル/たち)」をつけて表す韓国語のせいで、
最近ついつい日本語にも「たち」をつけてしまう・・・(笑)。

今日は、韓国語能力試験の単語を勉強。
しかも、高級ではなく、中級の単語たち(笑)。

いや、正直驚いた!これほどまでにあやふやな単語が多いことに・・・。
学院の授業のたびに、「6級合格」と常にプレッシャーをかけられているが、
これは明らかに先生の作戦ミスではないかと思う。
5級持っている人に言うのはわかるが、2級止まりの私に言われても・・・(笑)。

でも、9月までにとにかく単語を制覇しろと。
とにかく高級の試験は単語力勝負だと毎回言われる。
確かに、韓国語は上のレベルに行くに従って、やはり最後は語彙勝負だって
昔からよく聞いていた。

今までサボってきたツケが、今ごろやってきている。
まずは中級の単語からもう一度見直していかないと、
今やらなきゃ一生やらない気がする。

先生曰く、今自分の持っているボキャブラリーだけで通用する上級者にとって
一番の壁がここからどう実力をつけるかだと言う。
あまり「困る」という体験をしなくなってしまってからが
語学の勉強は一番大変だと・・・。
今の私にはピッタリ当てはまりすぎる言葉だ。

ということで、まずは目標を持ちなさいと先生。
「合格そのものよりも、勉強する道のりを楽しみなさい。」
とのこと・・・。

「私、道のりはあまり興味ないけれど、合格はしたいです。」
と言ったら、殴られそうになった・・・(笑)。
この半分スパルタ的な韓国人の教育スタイル・・・。
実は結構好きだったりする^^
2008.02.28

第13回韓国語能力試験 受付開始!?

第13回韓国語能力試験
日時: 4月20日(日)
募集期間: 2月25日(月)~3月11日(火)
詳細:韓国教育財団のHPにて


「私は試験に合格するために勉強しているわけじゃない。」
「韓国語が話せるようになりたくて勉強しているんだ。」

こんな偉そうなことを言い続けて早数年。
2004年に初めて受験した2級以来、韓国語能力試験は何年も受験していなかった。
今の学院に通い出してから、やはり試験勉強というものをしていないせいか、
同じクラスの生徒に比べて、圧倒的な語彙不足の自分。

入学当初、先生にも・・・。

「まいさんは、そこまで語彙が少なくて、どうしてそんな風にしゃべれるの?」

喜ぶべきことなのか、反省すべきことなのかわからないことをよく言われた。
(反省すべきことに決まってる^^;)
同年代の韓国人留学生の先生と、長い間個人レッスンをしてきたため、
今風のしゃべり方(笑)、韓国人独得の間の取り方、억양(抑揚)など・・・
そんな表面的なことだけは、気が付いたら身についていたようだ。
きっとこれも、毎回の90分レッスンを録音し、何度も先生の声を聞いて、真似していたからだと思う。

でも、その反面。
肝心な中身が伴わない・・・(笑)。
これだけ長い間勉強しているにも関わらず、
この語彙の少なさは致命傷だと先生談^^;(ごもっとも。)

ということで、あれほど試験嫌いだった私も、
ついに昨年9月の韓国語能力試験高級を受験することに決定!
5月から対策講座に通い出し、とにかくがむしゃらに勉強し出した・・・。
(いや、夏には韓国に遊びに行ったりと、楽しいことは十分していたが・・・^^;)

にも関わらず・・・。
肝心な9月に入り、体調を急に崩した。
9月はうちの大学は新学期であり、
週6日の勤務が夏休みボケの身体には辛かったようだ。
そして、なんと当日は試験を受けられないほどの事態に・・・。
とにかく咳が止まらず、これでは受験をしても、듣기(リスニング)の部分で
他の受験者の方に迷惑がかかってしまうのでは・・・。
結局4ヶ月間のスパルタ授業の甲斐もむなしく、受験できずに終わった。

実はさっき、あまりにも衝撃的な事実を知って、今とってもあたふたしている・・・^^
さっき何気なく開いた韓国教育財団のHPを見ると・・・。

「2008年から年2回となりました!」

そうなんですかぁ・・・・!?(笑)

「4月と9月に開催」

うっ、うっそぉ???
本当に自分の目を疑った。
昨日も、大好きな(はずの)副詞の過去問を解いたりしていのだが、
それは半年も先の試験を目指してのこと。
まだまだ時間があると思うと、ちょっぴりヤル気になっていた。
それが、もう1ヶ月半後には試験があるかと思うと・・・。
まさかこんなこと予期してなかっただけに、ちょっと焦ってる。

こんな準備が出来てない状態で受験すべきだろうか・・・。
普段あまり悩むということをしない自分にとって、久しぶりの難題(笑)。

とりあえず、こんな本だけ注文してみた→
韓国語能力試験〈高級〉過去問題集 第10回+第11回
もう第12回の試験も収められた書籍ってあるのかな・・・。
それすらもわからない自分って・・・^^;

う~ん、やっぱり今回は断念すべき!?
プロフィール

まい

Author:まい

『まいと学ぼう韓国語』

韓国語学習歴
2003年4月韓国語学習をスタート。いつまで経っても読めないあの丸と棒の組み合わせに、悩まされる日々。

そんな苦悩からも早8年。日本で細々とこの言語と格闘中。

韓国語資格
2008年9月韓国語能力試験6級取得

2011年7月の教材






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
KJ (1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。