--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.04

뿌듯하다

韓国語は本当に形容詞が多い言語だと思う。
同じ嬉しいでも、表現がすごく細かく分かれている気がする。

能力試験前、ユニと一緒に勉強していた時・・・。

오랜만에 같이 공부할 수 있어 기뻤어.
「久しぶりに一緒に勉強出来て嬉しかった」

と私が書いたのに対し、向こうは・・・。

오랜만에 같이 공부할 수 있어 뿌듯했어.
「久しぶりに一緒に勉強が出来て満たされまくり」

ってな表現だった。
イマイチ日本語でピンとくる表現が見つからないが、
まさしく満たされた状態を表す言葉らしい。

どうやら冷めているのか、私にはなかなかこの「뿌듯하다」
という表現が使えるときがなかったが・・・。
今日こそは200%この言葉が使える心情。

再開した学院の個人授業。
今まではひたすら「On Air」の台本チェックだったが、
「韓国人になりたい」という私のあり得ない要望を先生が考慮して
色々とメニューを作ってくれた。

①日常で使える慣用表現を増やす
②韓国の新聞記事はやっぱり必須。政治、経済、社会など興味のない分野でも平均的にそれぞれの分野の語彙習得を目指す
③フリートークでも単語・文法・発音の間違いは徹底的に直す
④口語ばかりでなく文語も音読して発音を正す(その中でも数字など特に日常会話で使うものは、リエゾン、アクセントなど徹底的に発音をチェックする)
⑤ドラマの台本を使ってスラングなど口語体をチェック
⑥その他宿題として、慣用表現の例文作り、新聞記事の翻訳、背景チェックなど


どう考えても90分の授業でこれすべてをこなすのは無理だが
出来るだけ偏らないように、今日から特訓が開始。
手始めに金大中元大統領の生涯についての記事を勉強したが
ここに来て初めて通訳学校でしごかれた有難味を感じたりした(笑)。

韓国社会を語るにおいて、決して切り離すことのできないこの大統領が作った時代。
そういった背景をイチから説明してくれて、韓国語の授業というより、
韓国の小学生になった気分だった。

今まで完全に見逃してくれた発音も、リエゾンが出来てないと
すべて直され、またできるまで進まないというスパルタ方式が開始。
気付いたら、授業時間が40分以上もオーバーしていた(笑)。

久しぶりに満たされた韓国語の授業。
できないことを再認識し、階段を駆け上がっていくこの一歩一歩が
とてつもなく愛おしい時間に感じる。

あれだけ一生懸命教えてくれると、先生のために頑張ろうって気になる^^
どう考えても自分のためにやることだけど(笑)。

久しぶりに幸せを感じられる瞬間だった。
誰かさんのコンサート以来だったのでは・・・!?(笑)。

私にもこの「뿌듯하다」が使える日があって良かったハート
スポンサーサイト
2009.07.18

ふぅ・・・。

ここずっと重荷だった通翻クラスの韓国企業に関するプレゼンが終了。
私が選んだトピックは韓国の化粧品会社。
それほど興味もないのに、内容が軽そうだったから・・・(笑)。
でも、よくよく考えてみると、プレゼンは日本語で、
クラスメートのプレゼンを韓国語で逐次しなければ
いけないので、自分の選んだ企業の難易度はそれほど関係ないと
後から気付く(笑)。

一体どんな企業の逐次をやらねなければいけないんだ・・・
とここ数日祈るような思いでいたが・・・。
案の定。韓国財閥(笑)。
しかもトップバッターというとんでもない始まり。

「여기는 일본말을 할 줄 아는 사람 없어요.
ここは日本語が分かる人がいないんです。

끝까지 통역을 하셔야 되요.
最後まで通訳しなければならないですからね。」

そんな先生の一言で始まった模擬実習。
会社の沿革、企業理念、今後の展望など私にとっては
日本語でもよくわからない言葉ばかり飛び交う・・・。

でも先生の一言が頭の中でぐるぐるうずまいてて、
「どうせ日本語がわからない設定なんだから、
想像力をフル稼動してやってみよう。」
なんて適当な感じでやってみたら、意外にも意外。
思ったよりはできた気がした(笑)。

なんだか最近授業が終わった後、ナイフで3箇所くらい刺されたかのような
痛みだらけだったけど、今日は珍しく爽快感(笑)。

でも、今日受けた指摘は忘れないように。

①発音が不明瞭:たまに日本語と韓国語がごっちゃになる(致命傷)
②声が小さい:2倍くらいの声の大きさ+キレイな声で(これって薬あります!?)
③語彙をきちんと出せるように。


さぁ、来週はまたまた別のトピック。
これまたリサーチ開始だ~。
うーん、久しぶりに楽しい・・・はーと

2009.06.18

久しぶりに・・・。

外は雨。
「梅雨入りしたのかな?」と、某おんににメールをすると。
「まいたん…梅雨入りはもうとっくにしてるだよ」との返事が。

「ニュース死ぬほど見てるのに、KBSとMBCだから分からなかった。」と説明すると
「まいたん、日本のことも知ってあげて」との愛溢れるお返事。

あー、世の中知らなきゃいけないことが多すぎてたいへん(笑)。

昨日は、3ヶ月ぶりの愉快な仲間たちとの授業^^
通翻クラスの開始と共に朗読クラスはお休みしていたんだけれど
やっとこさ再開。

あー、久しぶりに楽しいハングルクラスが戻ってきた感じ。
故事成語とかやったりして、ちょっと能力試験以来の勉強。
以前出てきたものも多かったけど、大半は忘れてる^^;
新出のものと合わせて夜な夜なもう一度まとめてみたり。
こういう作業はいつでも楽しい*^^*

やっぱり通翻のクラスは語学のクラスではなく、通訳技術を学ぶための
授業なんだなぁ・・・と、改めて実感。
最近日本語ばかりに気を取られて、韓国語自体の勉強に
全然手を付けられない状態でいたけれど・・・
同時進行していかないとダメだよねぇ・・・(って誰に聞いてるんだ!?)

そういえば、授業が終わって3ヶ月ぶりに会った先生に、いきなりこう聞かれた。

「아저씨는 잘 있어?」
アジョシは元気?

ヾ(・・ )ォィォィ.
①なぜに、「まい氏」ではなく「アジョシ」なのか。
②ってか、「アジョシ」って誰なのか。
③私から見ると先生が「アジョシ」なんだけど(笑)。

っと、疑問はふつふつと沸きあがりながらも、答えはうちの旦那のことを聞いてたらしい。

「結婚したら皆アジュンマ」なんていくら言われてもまったくそんな感覚がない私にとって
うちの旦那を「アジョシ」と思ったことも一度もなかった^^;
どうしたら他所の旦那を「アジョシ」なんて呼べるのかと先生に問いただすと・・・。

「아저씨니까 아저씨지...」
アジョシだから、アジョシじゃん。


って、相変わらず簡単明瞭なことをおっしゃる先生(笑)。
うーん。
久しぶりに始まった先生とのトークバトル・・・。
すでに敗北の2文字が見えてるんですが。
さぁ、来週こそは勝利を目指して頑張るぞ。おーっ。
2009.05.30

無限なる(無謀なる!?)挑戦(笑)。

2週間ぶりに通訳の授業に・・・。
1週間のうちのたった90分という時間なのに
日常では味わえない色んなものが凝縮されたそんな時間に感じる。

緊張感の中にも笑いがあって、落ち込みながらも発見があって。
でも、この通訳のクラスを通じての何よりもの発見は・・・

自分がいかに無知であるかと言うこと(笑)。

残念ながら、これしかない。
ソクラテスの「無知の知」ではないが、これに気付いただけでも大収穫(究極の楽観主義^^;)。

通訳者にとって「常識」と言われる事柄は非常に多いらしい。
確かに、通訳者とは日常会話を通訳するわけではない。
常に様々な専門分野に触れているわけであって・・・。
背景知識がなければ、いくら言語ばかりが堪能だとしても意味がないということに
今頃気付く愚か者・・・(笑)。

そう思うと、通訳者とは現在の私から一番遠い位置にある職業の気がする。
世界で起こっていることはおろか、日本で起こっていることすらよくわからない私・・・(--;
今まで語学の勉強に力を注ぐばかり、
こういった基本中の基本を無視しすぎてきた(って、もちろん言い訳)。
あまりにも無知すぎて、「非国民だよね」って周りに言われるような私が、
通訳の勉強してる・・・なんて言うと、友人たちは笑っちゃうらしい(笑)。

でも・・・。
苦手だからこそ克服したい。
出来ないものだから、出来るようになりたい。

いったいこの感情は何なんだろう。
無知だからこそ、人よりも学ぶものが多くて、ワクワクする(笑)。

今週のメモリーのお題は、先週に引き続き「経済トレンド」。
これまた背景知識が何一つない状態でやるものだから、
再生しようとすると、とてつもなく出来が悪い。

メモリーする以前に話の内容が読めなくて、とにかく想像をフル回転させて
再生(というよりほとんど作ってる!?)してみた。
キーワードが3つあった中で、私が再生できたのはたった1つのみ。
きっと普通だったら「1つしかできなかった」と落ち込むべきなのだろうが、
こんな無知の自分が「1つも再生できた」と喜びに変えてみると、
先生からお褒めの言葉が・・・。

怖気づかない態度だけは素晴らしい(笑)。

いつも褒められるポイントが他の人と違うのはなぜだろう・・・(--;
こういったところに、先生の優しさを感じる(笑)。

あぁ・・・内容を褒めてもらえる日は来るのだろうか。
完璧なパフォーマンスで褒められる・・・!
こんなイメトレだけはばっちり出来てるのに。

くだらない妄想はやめて、宿題やろう^^;
2009.05.18

散々たるシャドーイング・・・。

先週の通翻クラス・・・。
宿題で提出したシャドーイングの音声に対するコメントが先生から戻ってきた。

「んんん・・・なぜか一人長い!?」

戻ってきたペーパーを見てビックリ。
発音できてない音(単語)が羅列されてる。

どう見ても他のクラスメートはA4用紙の半分にも満たないのに、
私だけ1枚じゃ足りない感じ(笑)。
7分くらいの音声なのに、その単語の数30個以上・・・^^;

先生のお手本の音声を聞いて、シャドーイング自体は10回以上は
練習して録音したはずなのに・・・。
いったいなぜ!?(と、ここで疑問に思っちゃうおバカな私。)

でも、シャドーイングの本来の目的を思いっきり無視していたことに気付いた。
シャドーイングさえやっていればいいんじゃない。

録音した音声とモデル音声を比較して、出来てない音は徹底的に矯正してから
再度録音して提出することが宿題だった。
(ってここで書きながら思い出す^^;)

・・・なのに、自分の声を聞くことが苦痛すぎて、そのパートを無視して
提出した大愚か者・・・(笑)。

ってなわけで、昨日の夜中、一人ドキドキしながら比較してみた。

結果・・・。
ひどすぎる。
明らかに、日本人がただ韓国語を読み上げているに過ぎないといった音。

忘れないうちに、このひどすぎる自分の録音と先生の発音の比較の結果。
記しとこう(笑)。→こんな絵文字名を入力してください使うほど、ルンルンな内容じゃないんだけど^^;

絵文字名を入力してください全体的に遅い(シャドーイングしているはずだから、速度は同じはずなのに、なぜだ・・・^^;)
絵文字名を入力してください滑舌が悪い
絵文字名を入力してください唇を前に出して発音するとうまく発音できる感じが・・・(するだけか!?^^;)
絵文字名を入力してください顔を前に引っ張られている感じが必要(かも!?)
絵文字名を入力してください特に後半が遅い
絵文字名を入力してください語尾が長い
絵文字名を入力してくださいだらしがなく聞こえる
絵文字名を入力してください「ㄹ(リウル)」が発音できてない
絵文字名を入力してください濁音がきちんと濁ってない
絵文字名を入力してくださいきちんと休むところで休んでない
絵文字名を入力してください二重母音を意識しすぎて強調されている
絵文字名を入力してください平音がアクセントが入って激音に聞こえる
絵文字名を入力してください平坦に読まなければいけないのに、単語の頭にアクセントが入る癖がある
絵文字名を入力してください「ㅁ(ミウム)」がきちんと発音できてない
絵文字名を入力してくださいどう考えても先生の声の方が高いのに、トーンは自分の方が高い(韓国語はトーンを低くして話さなければならないのに^^;)

なんかここまで書いたら、これは韓国語だけの問題じゃない気がしてきた。
もしかして、日本語のスピーチ矯正とかの講座に通った方がいいのでは・・・^^;
シャドーイングは1年間続ければ、発音は劇的に良くなると先生は言ったが、ホントだろうか。

ホントかどうかは、続けて見みなければわからない・・・。
あ~、長い道のりすぎるぅ・・・(涙)。
2009.05.16

間違っていても・・・。

今週に入ってやっと学院に行けた。
先週、通翻のクラスを休んだ時には、泣きそうだった。
とてつもなく、大事なものをミスした気がして・・・。
ぎりぎりまで仮病を使ってでも行こうかと考えたけど、仕事あっての学院(笑)。
稼がなきゃ学院にも行けず・・・。そう思ったら、とても休めなかった^^;

今週のクラスでは初めてメモリーなるものを体験した。
やはり「記憶力」が勝負の通訳という仕事。
この「メモリー」の訓練なしには始まらないらしい。

うちの先生。
世界で最も「忘れる」ことに長けている人種だと言う(笑)。
お湯を沸かしていれば、沸かしていたことなんて、永遠思い出さないらしい。
日常生活では、度忘れがひどすぎるらしいが、仕事になると
一気に「記憶力」のスイッチが入るだとか。

「へぇ」と感心しながら始まったメモリー&サマリーの授業。
先生が長めのセンテンスを2行くらい読む。
さぁ、これを再生して下さい・・・というものだったが。

ちょっと待った~~~!
メモリーだとかサマリーの前に、言っている意味がわからないんですが・・・^^;


そう、私には出てきた語彙が分からず、記憶の前に意味が取れなかった(笑)。
にも関わらず、しょっぱなから当てられ、クラスの中でその衝撃の事実を告白することになる^^;
どうやら、どこのクラスにいても落ちこぼれの私は、他の人よりも「出来ない」自分を
見せることに抵抗を感じない奴らしい・・・(要するに恥知らず。)

最初の2センテンスでこんな調子だと、先が思いやられたが、意外なことに。
やってみるうちに、わからない単語は意味がわからないまま記憶すれば良いということに気付いた(笑)。(とりあえず、再生のためには・・・^^;)
もちろん正確には覚えられないので、なんとなく覚えておいて、
間違ったことを先生が直してくれるのを待ったりしてみる。
ここで大事なのは、間違ってるからといって発言しないと、一気に「0点」になってしまうが
間違ってても、発言すれば「50点」くらいはもらえるということ^^;
「不確実」なことを発言する勇気・・・結構大事だって思った(なんか、学ぶこと間違えてる!?)

いやぁそれにしても、初めて体験したメモリー&サマリーの授業、楽しかった。
覚えようとして聞くと、人間はこれほどまでに集中できるのかと初めて実感。
今までどれほど色々なことを聞き流して生きてきたのか・・・^^;

今日、授業で使った「国内経済トレンド」という本の1ページ。
すごくいいことが書いてあるから、「暗記しちゃいましょう」と言われた(笑)。
通訳者はそんなことも出来ちゃうのか・・・と感心。
単なる韓国語の勉強の延長で何も考えずに始めた通訳の勉強だけど、「学ぶ」ことの楽しさを改めて気付かせてくれている。
あ~、先生、カッコイイ。
2009.02.26

今日のホームラン!?

最近学院生活も中弛みしてきた。
実は授業よりも、その後のご飯の時間の方が楽しみだったりして・・・^^;

今週はいつものジャージャー麺ではなく、スンドゥブ専門店に行った。
辛さが1~5まであると言うので、辛いものがあまり得意ではない私は1を注文。
でも、出てきたものは・・・。
真っ赤!!

「한글능력검정 같이 1이 가장 매운 거 몰랐어?」
ハングル能力検定みたく、1が一番辛いって知らなかったの?

なんて先生が一言(笑)-- いくら無知な私でも、そんな簡単に騙されません!
でも卵を割ったら、結構マイルドになって一安心^^*

そんなスンドゥブをフーフーしながら、お豆腐が美味しいと大感動しているクラスの友人。
在日韓国人の彼女。
とにかくお豆腐の味がすっごくわかるという。

グルメから程遠い私からすると、豆腐って味がなくて全部同じなのに・・・(笑)。
味がないと言えば、お米。
アメリカでも周りの日本人の友達たちはカリフォルニア米が美味しくないと嘆いていた頃、
ひとりバクバクと食べていた。

「저는요, 두부 맛도 잘 모르고 쌀맛도 잘 모르거든요. 」
私、お豆腐の味もよくわからないし、お米の味もよくわかんないんだよね・・・。

こんな私のつぶやきに先生が、一言。

「그럼 아는 게 뭔데?」
なら、わかるものって何?


キタ ━━━ヽ(´ω`)ノ ━━━!!(って喜ぶところじゃないんですが^^;)
今日のホームラン(笑)。
なんだか的をつきすぎた一言に、椅子から転げ落ちそうになった。

でも、そんな喜びは一つも見せずに、淡々と言い返す。

「아는 게 하도 많아서 말 못하겠어요.」
わかることがあまりにも多すぎて、ちょっと言えません(笑)。

どうやらイタイところを突かれると、怒りより喜びを感じる私・・・。
楽観主義にも程があるってよく言われるけど、ホントそーなのかも^^;
2009.02.07

外来語はわざと!?

いつものジャージャー麺屋・・・。
またもや私は「볶음밥(ポッグンパップ/炒飯)」^^;
とっても美味しいのだが、毎回量が多くて食べきれない。

店を出て、駅まで向かう帰り道。
私を少食だと勘違いした先生が、こんな質問をした。

「마이 씨, 가장 좋아하는 음식은?」
(まいさん、一番好きな食べ物は?)

思わず「삼겹살(サムギョプサル)」とホントのことを言いそうになったが・・・^^;
毎回私の発音をからかう先生・・・。
ここは敢えて、思いっきりからかわれてみようと、こんなことを言った。

「초콜릿(チョコルリッ)」

この「チョコレート」が「초콜릿(チョコルリッ)」の発音になる韓国語。
実は最近までこんな発音だということも知らなかった。
へ様が出演したこの「김정은의 초콜릿(キム・ジョンウンのチョコレート)」を見て、
散々「초콜릿(チョコルリッ)」という発音を聞き、なんという発音だと!(笑)
なので、敢えてこのNHKアナウンサーの前で笑いを取りたかったのである^^;

ということで、ここは日本語の「チョコレート」の発音は忘れ、思いっきり、とぉぉってもオーバーに
「초콜릿(チョコルリッ/チョコレート)」と言ってみた。

いつもなら、私の言葉が終わらないうちに、発音指摘攻撃に入る先生。
なのに、今日は・・・

「어? 그래? 나도 그러는데...」
(へぇ、そうなの?僕もそうなんだよ)

ヽ(゚Д゚;)ノ!!ぇぇぇぇ,,,,
突っ込まれてない・・・(笑)。


ちょっと(いや、かなり^^;)驚きだった。
だって、あのカメレオンの速さでいつも喰いついてくる先生が、会話を成り立たせてくれてる(笑)。

どうやら自分ではわざとオーバーに発音したつもりが、実はこの日本語の外来語の音と
全くかけ離れている韓国語においては、これが功を奏したらしい^^
いつも「オーバーに、もっと口を開けて」と言われるが、この自分では「オーバー」な感じが
韓国人には普通に聞こえるのだと、初めて気付いた。

難関をクリアした気がして嬉しさのあまり、ちょっと調子に乗ってみた^^
「へぇ、そうなの?僕もそうなんだよ」と言う先生の言葉に続けて、一言。

「어...정말요? 그럼 전 딴 거 할래요.」
(あっ、本当ですか?なら、私、違うものにします。)


・・・ってなわけで、先生とのお揃いはちょっと遠慮したまいさん^^;
やっぱり、私の一番好きな食べ物は「삼겹살(サムギョプサル)」でございます(笑)。
2009.01.22

癒しのシウォン様・・・(笑)。

今朝テレビをつけると、リュ・シウォンが出ていた。
こうして日本の番組に韓流スターと呼ばれる人たちが出ているとついつい見てしまう。

今日も、番組の端々で
「シウォン君は癒されるわ~」
などと言われていた。

「あれ?癒されるって韓国語で何ていうんだ!?」

朝からいきなりこんな疑問が沸いたりする。
こういった日本語独得の表現をどのように韓国語に直すか・・・。

そんな時の強い見方がNaver
辞書では載ってない表現でも、実は日本語でそのままNaver検索をすると
答えを見出せる可能性が大。

日本語を勉強している若い世代が多い韓国。
彼らがブログや、またNaverの知識Q&Aなどでそのまま解説してくれていることが多い。
今回の「癒される」という言葉も、実に多くの人が色々と語ってくれていた(笑)。

一番直訳に近いと「치유를 받다(直訳:治癒を受ける)」らしい。
でも、本来の意味に近いものは
「마음이 포근해지다(直訳:心が温かくなる)」ではないかという意見も。
その他、「위안이 되다(直訳:慰安になる)」なんてのもあった。
あっ、ちなみに「癒し系(古っ・・・^^;)」は「치유계(治癒系)」というんだとか。

こんな風に一つ探し出すと次から次へと出てきて・・・。
結果遅刻したりする(笑)。

いやぁ、それにしても、私までも今日のリュ・シウォンには癒された・・・^^
あのファンを大切にする紳士な姿が、さすが韓流スター!
ぜひ、これからも日本のヌナたちを癒して欲しい(笑)。
2009.01.21

嬉しい変化!?

最近、不況のニュースが続く中・・・。
大手自動車メーカーの非正規社員の契約打ち切りのニュースを聞いて、
旦那とこんな会話をしていた。

「日本の失業率って、今どれくらいなんだろう」

すると、目を丸くする彼。
一瞬、具合でも悪くなったかと心配したが、どうやら心配されたのは私らしい(笑)。

嘘みたいな話だが、失業(しつぎょう)を失業(しちゅぎょう)と発音していた・・・^^;
最近、韓国語の発音を気にしすぎる余り、日本語の単語までも、無意識に
ハングルに置き換えていたりする。
その結果、私の頭をよぎっていたのは「시쯔교」。
しかも、おもいっきり「つ」の発音を口に横に引っ張っていた(笑)。

変化があったのは、日本語だけではない。
英語でも、「past」が気付くと「ペスト」になっていたり・・・^^;
こりゃ、韓国にどっぷり浸かっている証拠。
嬉しい変化だとしよう。

というわけで、周囲の皆さん。
ワタクシから理解不能な言葉が飛び出しても、心配しないでください(笑)。
プロフィール

まい

Author:まい

『まいと学ぼう韓国語』

韓国語学習歴
2003年4月韓国語学習をスタート。いつまで経っても読めないあの丸と棒の組み合わせに、悩まされる日々。

そんな苦悩からも早8年。日本で細々とこの言語と格闘中。

韓国語資格
2008年9月韓国語能力試験6級取得

2011年7月の教材






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
KJ (1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。