FC2ブログ

まいと学ぼう韓国語

各駅列車で向かう韓国人への道(笑)。韓国語ドタバタ学習記録。

TOPIK試験は何のために受けるの?

ミレマガを登録して数日。
そして本日ついにミレマダン(有料版)デビュー(笑)。

ミレには沢山の魅力的なプログラムが用意されているものの、
今の自分には何が必要なのか取捨選択できず^^;

あまり欲張るよりは、まず継続できるものを!と考え、
第一歩としてはミレマダンを購読させていただくことから。

そして前回綴った

「なぜ8年も離れていた韓国語を今更始めるのか。」

これといった目的がないまま、ふと降りてきた韓国語。

「目的が定まらない中で、果たしてできるのか。」

そんな疑問ばかりが浮き上がってきた日々だったけど
今日の前田先生の

『TOPIK試験は何のために受けるの?』

の動画の中に、その答えが隠されていた。

「自分の足りないところを認識するため」

まさに、これだ!と。

ほぼ消えてしまった韓国語。
これを取り戻すには、どれだけ時間がかかるか分からないけれど、
そんな「時間的な部分」はどうでも良くて「自分の中に今何が残っていて、何が抜け落ちているのか。」

足りないところを認識するために、再度この言語に向き合うのだと確信。

新たなスタートを切る前に、大きなヒントをいただいた日曜日の朝。

마에다 선생님, 감사드립니다.

※「진심으로」を付けたかったけど、綴りに自信がなく…(致命傷。笑)
※「まえだ」の「え」の表記はハングルでは「에」で良かったんだっけ?(笑)


…と、8年も経つとこうなります(汗)。

ブログ再開記念にブログ村に参加!
応援よろしくお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

ミレ韓国語学院、発見。

それは、遠い昔・・・。
韓国語学習に命を懸けていた頃、お世話になっていたホームページがあった。

「前田真彦先生のエンジョイ@韓国語」

うわ~、こんなホームページがあるんだと感動したものの。
まだ前田先生の存在の大きさに当時は気付かなかった私。
それもそのはず。

私の韓国語全盛期には先生の書籍はこれほどまでに出版もされていなかったし、
もちろん「ミレ韓国語学院」も存在していなかった(はず)。

皮肉なことに、この言語と離れ出した頃から、先生のお名前を頻繁に聞くようになった。
韓国語に気持ち的にはおさらばをしていたが、とりあえずは購入したこの3冊。

韓国語上級表現ノート
韓国語上級表現ノート

前田式韓国語中級文法トレーニング
前田式韓国語中級文法トレーニング

韓国語 上級演習ノート
韓国語 上級演習ノート

残念極まりないことに、ほとんど開かないまま、友人の手に渡った。

今回、韓国語をやり直そう!と決心して、まず検索したのは「前田真彦」先生のお名前。
そして、「ミレ韓国語学院」と出会う(笑)。

いや、実際出会うなんて表現はおこがましすぎる。
なぜなら、まだミレマガに登録しただけだから(笑)。

検索をすると、ミレにお世話になっている韓国語学習者が日本には
沢山いることを発見!!

通学だけではなく、オンライン、通信講座などなど。
世界中どこにいようと、ミレの受講生になれることに感動した。
こんな画期的な学習方法が存在していただなんて。

これから、ミレリサーチを始めるのが、めちゃくちゃ楽しみ!!
第一章の韓国語学習は常に焦ってばかりだったけど
第二章はとにかく「丁寧に味わう」こと。

これをモットーにしたい!!

ああ、YouTubeにはミレの動画が数え切れないほど上がっている。
どこからスタートしようか・・。
楽しみで眠れない(笑)。

ブログ再開記念にブログ村に参加!
応援よろしくお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

「韓国語ができるようになりたい」

韓国語のやり直しをしようかと考え出してから、
実際何をどのように行なえば良いのか
非常に混乱中(笑)。

まず一番の問題は、「目標が定まらない」ということ。

韓国語を始めたばかりの頃は、韓国の方と意思疎通できるようになりたいという想いがあった。
お次はK-POPの某アーティストの言葉を理解できるようになりたいと心底願った(笑)。
で、次に目指したのは、韓国語能力試験6級合格。

これらの目標はいつの間にかある程度叶った。

けど・・・。

通訳者になりたいという想い。

これは見事の打ち砕かれた。

じゃあ、今から当時のあの苦労をしたいかというと、答えは胸を張ってNO(笑)。
でも、未だにエンターテイメントな韓国語はほぼ聞き取れるのに、
ニュースになるとまるでダメだということを、最近知った。
そして極めつけは、ソウルの地下鉄のアナウンス。
聴き取れないものがあって愕然とした。

「韓国語ができるようになりたい」

これは、何を意味するんだろう。

「もう出来るじゃん!」
と言ってくれる人もいる。

でも、通翻の勉強をかじったことのある身としては、韓国語を自由に操る日本人を
数多く見ているから「韓国語ができる」だなんて口が裂けても言えない。

今の私の目標。

それは、「韓国語ができる」と言えるようになることなのかなぁ。

ブログ再開記念にブログ村に参加!
応援よろしくお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

失われた時間。

最近、これを買った。

韓国語学習ジャーナルhana Vol. 27
韓国語学習ジャーナルhana Vol. 27

本当はアルクの韓国語ジャーナルを求めて検索したんだけれど、まさかの休刊にびっくり。
それすらも知らなかった自分・・・。
本当に韓国語とは閉ざされた世界で生きていたんだなぁ。

で、代わりに見つけたのがこれ。
レビューを読んだたら、素晴らしかったから、試しに最新号を一冊。

いやー。
イム・ジュヒさんの全く当時と変わらない話し方に癒された。
本当は、通勤のバスの中では絶対聴きたい曲があるのだけど、
このイム・ジュヒさんの声から離れられず・・・。
バックナンバーも早速集め始めた。

こんな風に韓国語の音を一つずつ味わって聴くのは何年ぶりだろ。
8年ぶり!?
驚いたのは、リスニングは色褪せていないこと。
말하기は驚くほど後退しているのに、
듣기は当時のまま聴こえる。
多分、聴き取れない部分は、当時も聴き取れなかったはず。

韓国語の音とリズムに酔いしれながら、失われた時間をちょっぴり悔やんだ。
そして、こうやって戻ってきた自分を思い返すと、
子育ても少しひと段落したのかなとも思ったり。

想いは溢れるばかり。

신난다~♪

ブログ再開記念にブログ村に参加!
応援よろしくお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

残っていた感情。

韓国語から離れていた時間。
娘が生まれてからということを考えると、約8年。
ソウル旅行は2度ほどあるけれど、
言語に特化した旅行ではなかった。

昔だったら、ソウル旅行といえば「本屋巡り」。
教保文庫から小さな書店まで入り浸る時間だった。

2度の旅行は、娘にソウルの街を見せること。
母に懐かしんでもらうこと。
そんな時間だった。

私が韓国語から離れた理由。
「挫折」だったのだと思う。

能力試験6級に合格しても、
韓国人に間違えられても
超えられない壁。

これほどまでにこの言語、国に対する想いは溢れているのに
自分の思い描く場所までたどり着かないもどかしさ。
きっと、それが、「挫折」という二文字を封印して
「無関心」へとすり替えたのだと思う。

でも、そんな眠っていた想いを呼び覚ましたのは
先日、YouTubeで見たある日本人通訳者の方の存在。
自由に操る韓国語を聞いたときは、120%韓国人ネイティブだと思っていた。
しかし、日本人と知り驚き。

こんな風に、外国語であるはずの韓国語を自由自在に操るお姿に
ただただ憧れを感じた。

「あー、私の中にまだこんな感情残っていたんだ。」

この感情と上手く付き合うには。

正直分からない。
これからまた学院生活が始まるとも思えないし、
韓国留学をするとも思えない。

でも、ただ蓋をするのはもったいない。
新たな韓国との出会いを、心行くままに楽しみたい。

4年ぶりに・・・

まさかのカムバック(笑)。
しかも4年ぶり。

さよならしたと思っていた韓国語。
最近、ふとしたことをきっかけに、今度こそ本気でやり直そうかななんて思っている

娘ももう小学2年生の8歳。
前回書いた記事は4歳だったっていうから、驚き。

こんな化石となったブログなのに、未だに訪問してくださる方がいるってことは、本当にありがたいこと。
もう当時の私はどこにもいないのに(笑)。

初心を思い出して、韓国語に向き合いたい。
ちょっぴりそんなことを思っている。

さぁ、韓国語第二章の幕開けとなるのかどうか。
こうご期待(笑)。


嬉しすぎる報告

娘が4歳ってことは、きっと韓国語から離れて約5年。
未だにこのブログに訪問してくださる方がいるらしい。
そして何よりも嬉しいのは、能力試験合格のお知らせ。

書いた当人がまったく知らない間に、このブログでせっせと学習し、
見事合格を手に入れたのだと言う。

正直、このブログが果たした役割は、どれほどなのか分からないけれど、
そんな報告をしてくださると、自分のことのように嬉しくなる。

そして、「師匠」なんて呼ばれると、
「いや、皆さんの方が師匠ですから・・・」と本気で思う。

なぜなら、私が6級に合格したのは、2008年(左横のプロフィールによると^^;)。
あれから6年も経った今、もし受験したら、中級も怪しいのではないかと思う。
しかも、今はこの資格に期限が付いたんだとか。
ってことは、今の私はもう無資格(笑)。
現在、合格を手に入れた皆さん。
本当に素晴らしいと思う。

6級合格したときは、それはそれは嬉しかった。
でも、あれが本当の苦しみの始まりだと、合格するまでは知らなかった。
結局、日韓通訳者になるという夢は夢のままで終わり、
子育て街道まっしぐら。

児童英語講師の資格。
モンテッソーリ教師の資格。

出産後、色々とまた手を出した。

でも、かつての恩師ジニョン先生のお陰で、韓国語自体はそれほど色褪せない。
といっても、最近は実母、ジニョン先生、私の組み合わせでお茶することが
多いため、言語は日本語だったりするんだけど・・・^^;
でも、先生の子どもたちはオール韓国語なので、案外この姉弟にも助けられている。
容赦なく、娘にも韓国語で話しかけたりしてるしね。
おかげで、我が家の4歳児。
ㄹ(リウル)の発音は完璧。
母に教えてくれ(笑)。

って、話は逸れたけど。
このブログを覗いてくださっている皆さん、本当にありがとう。
私がまた韓国語を再開した際は、ぜひ、色々と教えてください(笑)。

大人になって勉強した言語は忘れない!?

最近はどっぷり娘の英語教育にはまっているが、たまに韓国語が入ってくるとビックリすることがある。

ハングルを目にすることなんて、ランチの時の韓国料理店のメニューくらいなのに・・・
この間職場で回ってきた英韓翻訳のチェック。
「さすがに、もう出来ないでしょ。」なんて思いながらも実際韓国語を読んでみると分かる分かる(笑)。

それほど、目にしてなくても、やっぱり読む方はあまり衰えない気がする。
これは、大人になって体系的に勉強したからの気がする。
今思うと、能力試験の莫大な語彙に圧倒され、こんなのいつ使うの!?なんて思いながら、無理やり覚えた気がするが、こうして頭をフルに回転させて母国語である日本語をベースに韓国語を載せていくという作業は、実はとっても意味のあることだったんだなと今になって実感。

今、日本語脳も完成していない娘に英語を入れていくことをしているからこそ、大人になってから学ぶ言語習得の利点がすごく分かる気がする。発音を身につけるなら幼児の内にとはよく言うが、それ以外を覗けば、大人になってからも外国語は十分に身につくというのは、自分自身で体験済み(笑)。発音もネイティブ並みとは言わないまでも、短時間なら韓国人のふりは可って位にはなれると思う(笑)。

韓国語を勉強している当時は、いつになっても自分の韓国語に自信が持てなかったが、こうして一歩引いてみると、恐ろしく自信過剰になれるから怖い^^;ただ単純にあれほど愛着持って接していたハングルをまだ忘れていなかったってことが嬉しかっただけなんだけど。

くだらないつぶやきでした^^;

ここ最近。

まさか、もう誰も見てくれる人などいないと思っていたこのブログ。
今でも韓国語能力試験対策のために見てくれている方がいると聞いて、驚いた。

私が6級に合格してからもう5年。
今思うと、合格してからの日々の方が辛かった。

入学基準が「韓国語能力試験6級」となっていた通訳・翻訳のクラスに通い・・・。
あまりの出来なさにショックを受ける日々。
先生からは容赦ないダメ出しを食らい、ここからが本当のスタートだったと思い知らされる。

でも、母となってしまった今、韓国語は何処へ行ったやら・・・。
ただラッキーだったのは隣に住むジニョン先生の存在。
我が娘と2ヶ月違いの子を持つ2児の母。
先生がいるから、スピーキングに関してはそれなりにキープできている気がする。

子育てがひと段落したら、また、韓国語始めようか・・・。
最近、ちょっぴりそんなことも考えている。
それとも、英語が少しずつ確立してきた娘に韓国語も入れてみる!?(笑)

お礼とお詫び

「まいと学ぼう韓国語」管理人まいです。

長らくこちらのブログを放置している間に、コメントを頂いていた皆さん・・・。
今までまったく気が付かずに申し訳ありません。
更新がまったくないこのブログに遊びに来ていただいていると知り、
とても嬉しく思います。

韓国語からはすっかり離れている管理人ですが、
今後ともお役に立てる記事があるかもしれないということで
こちらのブログはこのまま残しておきたいと思います。

今後とも、皆さんの韓国語学習がますます実りあるものとなりますよう、お祈りしております。

管理人
まい